マイナンバー制度

マイナンバー銀行口座/タンス預金にも適用!解約を急ぐな

更新日:

今回は、マイナンバー 銀行口座 タンス預金 解約 について書かせていただきます。

マイナンバー 銀行口座 タンス預金 解約

2015年10月からの運用開始されたマイナンバー制度。
各社法人企業も大企業中小企業に関わらず対応に追われました。

そんな中、2019年の年号が令和に変わっても、
多くの国民の関心を集めているのが銀行口座へのマイナンバー適用。

すぐに適用されるわけではないものの、
銀行口座にも採用されるとタンス預金をたくさん抱えている人は、預金口座を解約し始めるのでは?

銀行口座にマイナンバー制度が適用されるとどのような未来が待ち受けているのでしょうか?

個人で出来る対策をシェアしたいと思います。

メガバンクの150倍金利を高く出来る銀行口座を作りませんか?

 

月収200万円を突破した秘密のノウハウを期間限定無料公開します!
(↑詳しくはコチラをクリック↑)

 

マイナンバー預金口座適用について

まずは、
銀行口座に対するマイナンバー制度の適用について、
事実関係から見ていくことにしましょう。

 

日本国政府は既に、
2018年1月より銀行口座とマイナンバーを紐づけて管理する制度を各銀行に通達し義務化しました。

つまり、
2018年からは銀行の口座にもマイナンバーが適用されることになり、
各銀行で新規に口座を開設する場合、開設時にマイナンバーの届け出をする必要が出てくるわけです。

合せて既存の口座に関してもマイナンバーは登録されます。

 

2年程度は強制力を持たない任意のようですが、
3年後の2021年ごろを目処に強制力を持たせた形で法改正が行われる予定です。

つまり、
2020年の東京オリンピックを過ぎた辺りに、
銀行口座とマイナンバーが強制的に紐付く可能性があるわけです。

 

銀行預金をマイナンバーと紐づける目的

政府はなぜ銀行口座とマイナンバーを紐付けたいのでしょうか?

表向きの理由と表には出せない裏の理由があると思いますが、
表向きの行政サービスの利便性向上についてはそれほど大きな効果は期待できません。

にも関わらず、
銀行口座にも強制しようとしている背景には、それ相応の目的があるわけです。

大きな方向性を言えば、
日本国政府はマイナンバー制度の導入により、
税収を増やすことを目的としているのでしょう。

今まで見逃していた個人事業主など自営業者の税金を漏れなく搾取しようと受け取れます。

そこで出てくる噂が、

預金封鎖】ですよね?

国は、
全国民の銀行口座を把握し、
残高も把握し預金封鎖を実施することで、
国の借金をチャラにしようとしているのかもしれません。

普通に考えれば、
国/政府も各メガバンクも大きな苦労があるにも関わらず、
何もメリットの無いことを行うことなどありえません。

そういう意味では、
マイナンバー制度の導入は、
それ相応のメリットが日本国政府にあるということを意味しているわけです。

必要な税金は国に払う必要もありますし、
隠す必要はないのですが、マインナンバー制度を受けて銀行口座において個人で出来る対策はどのようなものがあるでしょうか?

 

銀行口座を解約すべき?アナタに出来る対策とは?

マイナンバー制度の導入によって考えられるシナリオ。

中でも一番恐ろしいケースとして多くの人が恐れているのは、【預金封鎖】ですよね?

ということで、
銀行口座は今のうちに解約しておくべきでは?という考えを持っている人が多いようです。

確かに、
これだけ情報化社会ですので
国も全ての情報を包み隠しておくことは不可能だと思います。

ということで、
資産家などは他の金融資産や不動産などの現物資産に換えている人も増えているようです。

国が以下の制度を作りだしているところを見ると、マクロ的な動きは間違いないようです。

  • 金地金やプラチナなどの売却代金に対する制度
  • 国外送金に対する制度
  • 居住者の国外資産調書制度

で、個人で出来る対策は?と言われれば、
極端な話、日本の非居住者になればよいかもしれません。

海外への資産逃避を一時的なものにするのではなく、
日本の非居住者となることで日本の管理下から外れればよいのでしょう。

とは言え、
日本を離れることは多くの人のとって現実的ではないのかもしれません。

ではどうするか?というと、、、

  • 節税の方法を考える
  • 銀行口座を解約する
  • タンス預金をしておく
  • 不動産などの現物資産に換えておく
  • ドルを持っておく

と思いがちですが、
これらは結局一時的な対処でしかないですよね?

【対処】!!!でしかないわけですよ。

熱が出たから解熱剤を飲みます!と言っているようなもの。

熱が出たメカニズム的な根本的な部分は解決せずに。。。

 

もしかしたら上手くいくかもしれませんが、
もしかしたら政府がそれ以上の対策を施し意味がないかもしれませんよね?

どうしたらよいのでしょうか?

 

答えは、、、

【自己投資によって自分の脳みそを成長させる】

 

何言ってるの?と思われたかもしれませんが、
お金などの金融資産は結局、資本主義社会で成り立っている信用でしかありません。

これも没収されればなくなりますし、むしろ資本主義社会でなくなれば無価値になるかもしれません。

不透明な世の中においては、現金であっても信用はできないわけです。

そこで、
どれだけ政府が動こうとも絶対に没収することが出来ないものが
人間の脳みそというわけです。

仮にお金が没収されても再びお金を作りだせる力を作っておけば良いわけですし、
お金に価値が無くなったとしても価値あるものを作りだせる脳みそを持っておけばどのような時代になろうとも生き残ることが出来るわけです。

 

ということで、
抽象的かもしれませんが
目の前の現金に踊らされるのではなく、
一生使え、没収されることのない自己投資をおすすめします。

2020年までが勝負ですね。

 

ということで、
マイナンバー 銀行口座 タンス預金 解約
について書かせていただきました!

 

 

 

-マイナンバー制度

Copyright© 資本主義社会のお金を科学する , 2019 All Rights Reserved.