仮想通貨,ビットコイン,ポイントサイト,SBIVC

資本主義社会のお金を科学する

地震保険【アナタの加入必要性は?】今すぐできる対策

地震 保険 必要性 対策

地震 保険 必要性 対策

 

南海トラフ巨大地震や首都直下型地震など
地震大国日本を近い将来襲うと言われている巨大地震の対策は出来ていますか?

 

2018年も鳥取県や長野県での地震が頻発したり
東日本大震災で大きな被害を受けた福島や東北地方でもジワジワ地震回数が増えています。

 

北は北海道から南は沖縄県まで
日本全国どこに住んでいようと安心できる場所が無いのが現実ですよね?

 

そんな中、
多くの人が対策している地震保険の必要性から地震が発生する前に出来る対策についてお話していきたいと思います。

 

 

 

地震保険の必要性を考える前の基本的情報

「地震保険って入った方がいいのかな?」

「今まさに地震保険に入るかどうかを検討している!」

 

そんな方も多いかと思いますが、
地震保険に加入するか否か?の前に【地震保険とは?】の部分をおさらいしておきましょう。

 

【地震保険とは?】

 

一言で言えば、
地震に起因する災害によって被害を受けた居住用の建物や家財の全てまたは一部を補償するものです。

 

 

もう少し詳しく説明しますと、

地震のみならず【噴火】やそれに付随する【津波】を原因とする
火災や損壊・埋没・流失』によって被害を受けた居住用の建物と家財の損害を補償する保険です。

 

逆に言えば、
地震や噴火、津波以外が原因で発生する損害は地震保険の対象外となります。

 

 

 

また、

ここを勘違いしている人が多いのですが、
従来より存在する【火災保険】では、『地震を原因とする火災等への補償はされません

 

 

火災保険に入っておけば、
どんな原因でも火事の補償はしてもらえるんだろうなぁ〜というのは間違いというわけです。

 

 

また、
もう一つお話をしておくと、
地震保険というのは単独で加入することができません

 

地震保険は、
火災保険に付帯する保険という位置づけであり
地震保険に加入するためには火災保険に入る必要があるのです。

 

 

基本的な情報として、

他にも知っておくべき内容を紹介しましょう。

 

  • 地震保険の保険金額は火災保険の保険金額の30%〜50%の範囲
  • 地震保険の補償金額の上限は建物で5000万円、家財で1000万円
  • 損害の状況によって支払われる保険金の額が変わる※1区分は以下

 

 

損害状況と保険金額区分

 

  • 全損:地震保険保険金額の100%
  • 大半損:地震保険保険金額の60%
  • 小半損:地震保険保険金額の30%
  • 一部損:地震保険保険金額の5%

 

 

 

地震保険に加入するか否か?判断する基準とは?

さて、
地震保険に関する基本的な情報はコレくらいにして、
知りたい情報としては、「自分自身が地震保険に加入する必要のある存在かどうか?」ということですよね。

 

結論から言ってしまえば、
ここに対する模範解答は存在せず
個々人の状況によって変わってくるというのが答えです。

 

ただし、
それだとヒントにもなりませんので、
もう少し突っ込んでお話していきましょう。

 

 

具体的に、
地震保険の加入を前にして
検討する材料としては以下です。

 

  1. 家族構成
  2. 収入額・収入源
  3. 住居(マイホーム(一軒家・マンション)・賃貸)
  4. 貯蓄額

 

 

検討材料は色々とあるのですが、
結論からお話すると、

 

『仮に地震が起きて自宅が無くなってしまった時に生活を続けることが出来るか否か?』がポイントとなります。

 

 

例えば、
家族構成についてですが、
コチラは独身さんなのか育ち盛りの子供を複数抱えた家族なのか?で大きく違ってきます。

 

また、

住居に関しても

まだ住宅ローンが残っているマイホームなのか?

残債が全くないのか?賃貸住宅なのか?などでも大きく違ってきます。

 

そして、

そもそも全てを失っても全く問題ないレベルの貯金があったとすれば、
別に火災保険や地震保険に加入する必要性などないわけです。

 

 

加入していなかったばっかりに後悔している方もたくさんいますし、
加入する必要が無い人が加入しているような状況もあります。

 

なので、

必ずしも絶対の正解はありませんが

『子供がいて、住宅ローンもまだ残っていて、貯蓄もそれほどない』ということであれば、

地震保険への加入を検討してみると良いかと思います。

 

この機会に、
地震保険のみならず
家計の状況などをプロに相談してみませんか?

 

 

>> A5ランクの高級黒毛和牛を貰いながら保険の相談をしてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2062年未来人が【2018年最新の地震予言と】驚きの未来を暴露!!

未来人 最新 予言 地震 2062 2018

未来人 最新 予言 地震 2062 2018

 

未来人と一言で言っても、
2011年3月の東日本大震災以降、
何百人という未来人を名乗る存在が2ちゃんねる・5ちゃんねるなどに出現しているようですが、
2062年未来人から言わせると、2018年現在にダイヴしている未来人は自分だけで他はすべて偽物なのだとか!!!

 

ということで、
2062年未来人の2018年最新地震予言情報を調査してみたいと思います。

 

 

地震予知の前に2062年未来人のマインドセットが興味深い!

 

2018年の現代を必死に生きる我々からすると
日々の生活が大事ですし、そのために自分が住んでいる地域で大きな地震が起きるのか起きないのか?は、
非常に重要な話であります。

 

その辺の話は後ほど紹介するとして、
まずは2062年未来人が話をしているマインドセット/考え方をちょっと覗いてみませんか?

 

 

どのような内容なのか?と言いますと・・・

 

『現代人は自分と他人を比べ、嫉妬が生まれ、それが怒りとなり間違った方向にエネルギーを使っている』という話になります。

 

コレは勿体無い!という2062年未来人の忠告です。

 

 

幼稚園児が使いこなすマインドセット

 

 

 

小学1年生が使いこなすマインドセット

 

 

 

 

8歳が使いこなすマインドセット

 

 

 

一連の動画、
バカにせずに聞いてみると(2倍速で聞きましょう!)

結構、現代人が考えるべき内容になっていると思います。

 

  • 因果の法則
  • 因果応報
  • カルマ

 

キーワードは上記なのですが、
個人が気軽に情報を発信できる世の中になると
自分と他人の違いに、嫉妬や怒りを持ってしまう人がいるわけです。

 

ただ、

これらの感情の根本は、

『すべての原因は自分にある』ということを理解していない。ということ。

 

 

他人と自分を比較してしまうことは全てが悪いことではないようで
そこから生まれる嫉妬という感情を上手くバランスをとって、プラスのエネルギーに変えれば良いとのこと。

 

自分の損得感情だけではなく、

相手の損得勘定も考えて行動しようということ。

 

 

さて、

話が逸れてしまいましたが、

2062年話す地震に関する最新予言を見ていきましょう!

 

 

 

結局のところ日本に大地震は来るの?

 

結論からお話してしまえば、
特定の地域が消滅してしまうほどの大地震・大津波が『来る』と予言しています。

 

その特定の地域というのが、
どこの都道府県なのか?また2018年なのか?2019年なのか?2020年なのか?

場所やタイミングの詳細は明言されていませんが、大地震がいずれ発生することは間違いないようです。

 

 

2018年の5月や6月でははいようですが、
そこまで遠い未来ではないようなので今後も2062年未来人の発言は要チェックしておきます。

 

 

ちなみに、

2062年未来人は、
現代人の様々な質問に不定期で答えてくれているのですが、
その一部を抜粋しておきたいと思います。

 

 

現在の47都道府県からなくなっている都道府県はあるか

 

→ある無しのレベルではなく都道府県という区切りではない。

 

→州制度が導入されている

 

 

瀬戸大橋は崩壊するか?

→残念だがする。

 

 

 

2062年で車はどのような形になっているか?

→丸い形をしたハンドルが付いている車はほぼない(クラシックカー好きが乗っているくらい)

→自動運転技術が導入されている(道路と車がリンクしているらしい)

 

 

タイムマシンはどこの誰が開発した?

→タイムマシンは国家レベルで開発されるものではないらしい。

 

 

時空の存在が知られるようになるのは何年くらいか?

→時空の存在が知られるのは2040年代とのこと。

 

 

第三次世界大戦は起こるのか?起こるならいつか?

→第三次世界大戦は今すぐは起こらない。でも油断は大敵。

 

 

氷河期は来るのか?

→氷河期はこない。

→ただし、他の大惨事が何回か起こる

 

 

2062年に不妊に悩んでいる人は多いか?

→2062年に不妊治療という概念がない。

→2062年は誰でも妊娠することが可能。(男性も!!!!)

 

 

 

PS.将棋界のみならず、日本中を席巻している藤井聡太氏は、
2062年の世界では偉人レベルまで進化しているようです。

 

 

 

ということで、

2062年未来人はYoutubeチャンネルまで開設し
嘘なんじゃないの?と思ってしまいますが、
完全に嘘だろ!とも言い切れないこともあり、
これからも情報を随時チェックしていきたいと思います。

 

地震に関する最新情報が入り次第、

またご連絡させていただきますね!!

 

>> 仮想通貨の次に来るものはコレだ!先行者利益を得よう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨の次に来るもの【先行者利益を取れる投資先】一般化する前に

仮想通貨の次に来るもの 投資先

仮想通貨の次に来るもの 投資先

 

ビットコインをはじめとした仮想通貨が賑わっている!と思われるかもしれませんが、
2018年現在、日本で最も知名度があると言っても過言ではない取引所のビットフライヤーでさえ
口座開設者数は合計200万人を突破した程度なのです。

 

まだまだ仮想通貨市場はこれから!と思われるかもしれませんが、
我々はもう一歩!いや、十歩先の未来を歩みませんか?

 

ということで、仮想通貨の次に来るもの!投資先をガチで予測していきましょう。

(※ちなみに、このブログでビットコインについて話を始めたのは2015年。当時のビットコイン価格は3万円前後です)

 

 

ビットコイン以外の仮想通貨は2018年以降のこれから一般化

仮想通貨という市場が徐々に盛り上がり始めたのが2017年。

 

2018年に入り、
コインチェックの問題もあり市場としては一段落していますが、
ハッキリいって仮想通貨/暗号通貨/仮想資産/暗号資産が本格普及するのは2018年からです。

 

コレを裏付ける1つの理由として、
国内最大の仮想通貨取引所であるビットフライヤーですが、
2018年5月現在、まだ口座開設者数は200万人程度です。

 

日本の成人の数はざっくり見積もっても6000万人程度いますので、
まだ仮想通貨を売買出来る口座を持っている人口の割合は日本の3%程度しかいないことがわかります。

 

株式等の証券口座開設者数は2000万人を超えていますので、

ビットコインを始めとした仮想通貨市場が株式投資並に一般化された場合は、
一般人が参入するだけで、市場規模が10倍になる可能性もあるということです。

 

各種インフラ面、

国家としての税制面など

まだまだ整っていない2018年は

仮想通貨市場のスタートアップ段階と言っても全く過言ではないんですよ?

 

では、
2018年以降、
仮想通貨に対する一般人の反応を予測していきましょう。

 

※現状

 

「仮想通貨=ビットコイン」

「仮想通貨ってビットコイン以外にも色々あるんだぁ!知らなかった」

「ビットコイン以外は名前もよくわからないしどんなものかよく分からない!」

 

 

要は、
仮想通貨と言えばビットコイン!というような一般層が、
仮想通貨にはビットコイン以外にも色々と他にも種類があるらしい!!という情報を手に入れだす。ということです。

 

そのためには、
SBIVCやYahooグループが本格的に始動してくれる必要があったり、

Google、Amazon、FacebookというIT界の大企業が独自の仮想通貨を創造する必要があるでしょう。

 

 

 

仮想通貨の次に来るものは2025年頃に少しずつ知られるようになる?

仮想通貨!というのは、

法定通貨の代わりとなる!という側面よりも

ブロックチェーン技術として生活インフラに溶け込んでくることが想定されますが、

それは一般人にはほとんどわからない裏での動きです。

 

一般人が、

『日本円バンザイ!』から、

『あれ?デジタル通貨が一般化してね?』と変化する変遷で、

考えられる動きとして、日本円の1万円札の廃止が予測されます。

 

もっと言うと、
5000円札ですら廃止されているかもしれません。

 

理由は、

 

富裕層・・・

タンス預金・・・

 

等色々とあるわけですが、

大事なのはそこではなく、世界中のトレンドとして

デジタルアセット(資産)/デジタル通貨に向かっているということです。

 

実際に、

高額紙幣が廃止される動きは、

日本に住んで国内のニュースだけに目を向けていると一切入ってきませんが、

実際に欧州中央銀行は500ユーロ札の廃止を決定していたりインドで高額紙幣が実際に廃止されています。

 

アメリカに準じる日本ですから、

アメリカの動きを注視する必要はありますが

5年・10年スパンで考えると往々にして考えられる動きと想定しています。

 

 

では、

具体的にビットコインを始めとした仮想通貨の次は何に投資をすれば先行者利益が得られるのでしょうか?

 

 

2030年には仮想通貨の次の投資先に対し一般人が本格化!

結論からお話してしまえば、

2030年前後には仮想通貨史上最大の盛り上がりも一服し、

次なる投資先を世界中の一般層が探し始めます。

 

そして、

それは何か?というと・・・

 

【計算能力】と【人工知能】です。

 

 

 

「なぁーんだ。そんなことか」と思われたかもしれませんが、

今後10年/20年単位でほぼ間違いなく右肩上がりの市場です。

 

じゃー具体的に何に投資をすれば?という話になりますが、

一番わかり易いのは『Google』『Amazon』の株を買う。ということになります。

 

 

ただし、

これは既に一般化された企業であり

投資優位性という意味ではちょっと物足りませんよね?

 

もう一歩踏み込んで見ましょう。

 

GoogleもAmazonもそうですが、
彼らはいわゆるIT大企業です。

 

つまり、

パソコンやスマホデバイスを活用しています。

 

 

さぁー考えてくださいよー。

それらの活動を裏で支えているのは何ですか???

 

サーバーですよ。

 

 

つまーーーーーーり!!!

 

 

【結論】サーバー周りで世界的インフラを取る企業が世界的大企業として成長する。ということ。

 

 

具体的な会社名に関してはまだ秘密。少しお待ち下さい。

 

 

 

 

未来人の予言【2017年最新の地震予知が怖い・・・】

未来人の予言 地震 予知 最新 2017

未来人の予言 地震 予知 最新 2017

 

2016年世間を賑わせた未来人は、
なんと2017年も日本に!?現代に!?ダイヴしてくるようです。

 

そのダイヴ日程についてですが、
2017年4月と言われています。(詳しい日付は後述)

 

今回は、
2017年4月に日本にダイヴしてくる未来人の最新地震予言をチェックしていきましょう!

 

 

 

首都直下型地震【東京都の被害想定・予測が意外とスゴい】津波の予言は?

首都直下型地震 予言 被害想定 予測 津波

首都直下型地震 予言 被害想定 予測 津波

 

南海トラフ地震が来る来ると言われていますが、
日本国としての本物の危機が来るのは東京を中心とした首都直下型地震が発生した時ですよね?

 

首都直下型地震の最新予言情報と津波などの被害想定予測情報をまとめてシェアしたいと思います。

 

 

未来人の地震予言【2017年2月1日以外がヤバかった!?】

未来人 地震予言 2017

未来人 地震予言 2017

 

未来人といえば、
我々現代人からすると宇宙人と同列のように取り扱ってしまいますが
簡単に言えば、我々の子孫ですよね。

 

しかも一番有名なのは2062年の未来人ですから、
ざっくりと50年後。あれ?我々余裕で生きている可能性ありますよね。

 

ということで、
意外と身近な未来人の2017年最新地震予言情報を紹介します。

 

 

1 2 3 6