仮想通貨,ビットコイン,ポイントサイト,SBIVC

資本主義社会のお金を科学する

投資信託【リスクリターン計算は難解!?】リスク分散で必要な考え方とは?

投資信託 リスク リターン 計算

投資信託 リスク リターン 計算

 

投資対象としての投資信託を考えた時、
手数料や年率など色々な指標が出てきますが
投資信託のリスクリターンは計算していますか?

 

今回は、
リターン計算の方法と
リスク分散において必要な考え方についてシェアさせていただきます。

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

そもそも『リスク』という言葉の定義答えられますか?

リスクって何?と聞くと、
結構勘違いしている人が多いのですが
危険性の度合いを示しているわけではありません。

 

つまり、

【リスクがある=危険である】ではないのです。

 

『リスク』とは何か?というのを、
言葉で表現すると『物事の結果の不確実性』とも言い換えられます。

 

 

では、
金融商品に絞って考えてみるとどうなるでしょうか?

 

『リスクの高い金融商品』というのは、
どういう事か?と言いますと・・・振れ幅(値動き)の大きな商品とも言い替えられます。

 

つまり、
大きく稼げる可能性もあれば
大きく損する可能性もある商品ということです。

 

具体的な金融商品で見てきましょう。

 

現預金はリスクが小さいがリターンも小さい

一方で株式投資は相対的にリスクは大きいがリターンも大きくなる可能性があります。

 

このように、
リスクというのは単なる危険性を表現しているわけではなく、
不確実性の可能性なわけですから、リターンとのバランスを考えて
必要なリスクを取ることは、全くもって危険ではないわけです。

 

 

 

投資信託への投資で考えられるリスクとは?

では、
投資信託への投資において
どのようなリスクが考えられると思いますか?

 

重要な指標を挙げてみましょう。

 

 

1.価格変動リスク

 

当たり前ですが、
投資した投資信託が
価格変動により投資元本を下回ることもあります。

 

 

2.信用力変動リスク

 

投資信託発行元の企業体がメディア等により報道され
企業の信用力が上下する時、同時に各投資信託の価格への影響を与えます。

 

 

3.金利変動リスク

 

これは投資信託の商品にもよりますが、
一般的には金利が上昇すると債券価格が下落します。

 

逆も然りですが、

この債券価格等の変動により投資信託の価格にもリスクが生じます。

 

 

4.為替変動リスク

 

外貨建ての金融商品が前提とはなりますが、
ドルやユーロ等の為替レート変動により価格変動を起こし
日本円での受取金額に変化が生じます。

 

 

5.カントリーリスク

 

これは、

外国株式や外国債券に投資した時にもろに影響を受けますが
投資した商品の対象国が政治や経済的な市場不安をもたらした場合、
価格が大きく変動する可能性があります。

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

投資信託におけるリスクリターンの計算式は複雑!

 

世界的に有名なモーニングスターによって、
トータルリターンの計算式が分かりやすく表現されています。

 

http://www.morningstar.co.jp/moneyschool/fund/d103.html

 

計算式を見ればわかりますが、
ちょちょいと計算出来るレベルではないのですが
Excelなどで式を組むことは可能です。

 

とは言え、
投資信託だろうとなんだろうと
投資活動において大事なことはリスクを見極めつつ、
資産を拡大させていくことが目的ですよね?

 

そのためには、
生じるリスクをヘッジしながら、
高いリターンを求めていく活動こそ本丸なわけです。

 

では、
前述のリスクを
どのようにして減らしていけば良いのでしょうか?

 

 

 

投資信託のリスク分散において必要な考え方

これは、
投資の世界においては基本中の基本とも言えますが、
今から投資信託の購入を検討されているのであれば
必ずチェックして購入商品やタイミングの見極めに取り入れて行きましょう。

 

内容によっては
投資信託以外にも活用できる考え方です。

 

 

1.対象商品分散

投資信託特有の考え方ではありますが、
投資信託と一言でいっても数多くの投資商品があります。

 

手持ちの現金を
すべて1商品に投資した場合、
大きく稼げるかもしれませんが大きく損する可能性もあります。

 

これがまさに『リスクの高い商品』ということになるわけですが、
このリスクを分散するために、購入対象商品を複数に分散する考え方があります。

 

 

具体的には、、、

 

  • 国内・海外
  • 債券・株式
  • 新興国・先進国

 

この辺をどのように分散していくのか?によって
リスクリターンが分かってくるわけです。

 

 

2.長期保有におけるリスク分散

これも比較的重要な考え方ですが、
金融商品というのは短期的に価格が暴騰・暴落することがよくあります。

 

その短期的な価格変動に

一喜一憂していては単に目の前のリスクに振り回されているだけになります。

 

この時間分散の考え方は、
その短期的な価格の振れ幅を無視することで
時間を味方に付け、長期的に運用することで時間あたりのリスクをヘッジするという考え方です。

 

 

 

3.投資時間分散

ある投資信託を購入しようと価格をチェックすると、
1口5000円だったとします。

 

アナタはこの5000円という金額を大変魅力的に感じ
投資資金全てを1口5000円で購入するために投じたとします。

 

仮に、
これが翌日に1口10000円に値上がりすれば、
それは投資資金を2倍にしたことになりますが、

 

逆に、
1口2500円と半減してしまった場合はどうなりますか?

一瞬にして投資元本が半分に減ってしまったことを意味しています。

 

つまり、

1回ですべての投資資金を投じてしまうことは
リスクが高い!という考え方です。

 

では、
どのように投資をすればよいのか?というと、
投資元本すべてを一気に投じるのではなく、複数回に購入タイミングを分散することでリスクをヘッジします。

 

 

例えば、

1口5000円のタイミングで投資資金の10%を投資、

その一ヶ月後にまた10%を投資、

その一ヶ月後にまた10%を投資、

その一ヶ月後にまた10%を投資、

その一ヶ月後にまた10%を投資、

・・・

・・・

・・・

 

と、

1口当たりの価格に関係なく、
時間軸を分散することによって
リスクを分散していく。という考え方です。

 

ドルコスト平均法と言われる投資法です。

 

ドルコスト平均方についてはコチラで詳しく解説しています!

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

ということで、
投資信託のリスクリターンについて
色々な角度から見てきましたが、そもそも手数料で結構持って行かれてしまう投資信託は
誰にでもおすすめ出来る投資商品だとは考えていません。

 

資産が豊富にある人であれば別ですが、

10億円以上資産がある!というような人以外は、
まず足元の普通預金の口座を見直してみた方が良いのではないでしょうか?

 

金利の低い銀行に預金をしていて損していませんか?

 

>> 誰でも簡単に開設できる高金利銀行はココ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投資信託【ゼウス本当の評価とは?】今後価格推移より手数料に注目せよ!

投資信託 ゼウス 評価 今後 価格 2ch チャート 手数料

投資信託 ゼウス 評価 今後 価格 2ch チャート 手数料

 

日本の各家庭に眠っているタンス預金を
なんとか投資活動に回させようと国家は色々と画策されるわけですが
その中の1つとして証券口座のNISAなどが挙げられます。

 

一方で、
マイナンバー制度の導入等でタンス預金が余計に増えていたりするわけですが、
今回は投資信託で話題のゼウスについて評価や今後の価格等について考えてみたいと思います。

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

 

そもそも投資信託のゼウスとはどんな金融商品なのか?

巷でゼウス!ゼウス!と話題になっているが、
そもそも投資信託のゼウスとは何ものなのでしょうか?

 

ゼウスとは?という点から噛み砕いてきましょう。

 

まず、
ゼウスというのは
ある投資信託商品の通称となります。

 

その投資信託商品というのは、
【新光US-REITオープン】という商品になります。

 

で、
この新光US-REITオープンの愛称が【ゼウス】というわけです。

 

 

では

どのような金融商品か?という点を説明していきましょう。

 

US-REITというポイントからピン!と来ている方もいるかと思いますが、
アメリカの不動産投資信託証券に分散投資している金融商品になります。

 

 

このゼウスは、
アメリカのアトランタにある
インベスコアドバイザーズインクという会社によって運用指図が行われています。

 

そもそもREITというのは、
リアル エステイト  インベストメント トラストの頭文字を取った略称で
投資家から集めたお金を活用して商業ビルや賃貸住宅などを所有・管理・運営する不動産投資信託が発行する証券になります。

 

 

 

新光US-REITオープンを買うべきでない理由とは?

ここまで、
ゼウスについてやREIT(リート)について簡単に説明してきましたが、
結論から言いますと新光US-REIT(ゼウス)は投資対象として全くおすすめできません。

 

確かに、
世界でもナンバーワンの市場規模を誇るアメリカのREIT市場であることや
純資産額が約1兆5000億円と巨大な投資信託商品であることは間違いないですが
投資対象として外すべき理由がいくつも見て取れます。

 

 

まず、
このゼウスの基準価額ですが
チャートを見ると2008年のリーマンショックをピークアウトに
15000円を付けていた価格が1/5程度の3100円台まで落ち込んでいます。

 

今後の価格変動については、
誰にも未来を的中させることは出来ないですが
アメリカ経済の復調によって数年単位では堅調に推移する可能性もあります。

 

 

ただし、
問題点は他の点にあります。

 

初期導入コスト&継続固定コストです。

 

まず、

このゼウスを購入するに当たり
購入手数料が上限3.24%掛かります。

 

また、
毎年の信託報酬として年率1.6524%徴収されます。

 

 

この数字の意味が分かるでしょうか?

 

投資家としてのスタート段階で既に100%の元本が割れており

その後も儲かろうが損していようが、毎年年率で約1.7%の信託報酬を徴収されるわけです。

 

また、
毎月5日の安定した高分配金を謳い
情報弱者から投資信託の投資マネーを集めているのかとは思いますが
冷静に数字を分析する必要があります。

 

 

すると、
REIT(リート)としての本業から得られるインカムゲインと
分配金として支払っている金額に驚かされることになります。

 

簡単に説明すると、
この通称ゼウスという投資信託は

ザックリ5000円の売上に対し約10000円の経費がかかっているような現状となっているわけです。

 

もう少し言うと、
不動産等の売却益と家賃収入等が5000円で
信託報酬や投資家への分配金等が10000円ということになります。

 

つまり、
毎年毎年マイナス5000円の家庭を想像すれば分かりやすいですが、
そんな家庭があれば確実に破綻しますよね?

 

 

では、
この状況をどのように維持しているか?と言いますと、
最大の経費となっている分配金を投資元本を切り崩すことで維持しているわけです。

 

ものすごく恐ろしい状況だと思いますが、

これを続けるとどのような未来が待っているかは一目瞭然ですよね?

 

投資元本が分配金として回され
基準価額はドンドン下がり・・・ということです。

 

こんなリスクばかりの投資信託を購入する価値があるのでしょうか?

 

最終的な判断は個人に委ねられますが、
個人的には投資対象としては外れます。

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

投資はリスクリターンを検討するがその前にやるべき事

お金に余裕が出来ると
将来の不安を勘案し投資にお金を回そうと考えるのが世の常ですが、
FXや株式投資は大きく損する可能性があるから投資信託なら安全かも!と考える人が多いようです。

 

証券会社の担当者の営業トークに乗せられてしまっている人が多いのかもしれませんが、

投資信託にも多分にリスクが存在します。

 

このようにある程度貯金が作れて、
投資を考えている人に最初にアドバイスすることが
低い利回りとはいえ、貯金をしている銀行口座の見直しをおすすめしています。

 

というのも、
今の時代メガバンクにお金を預けておいても
年利は0.001%というあり得ない数字が提示されています。

 

年率0.001%ということは、
100万円預けていても1年間で10円しか利息がつきません。

 

ですが、
日本にはもっと利回りが高い普通預金口座が存在します。

 

意外と知られていないのですが、
無料で口座開設できるわけですから利用しない手はないわけです。

 

貯金口座の金利がちょっとでも高いところに貯金を移して
労せずにお金が勝手に増える仕組みを活用して自動でジワジワお金を増やそうではありませんか。

 

いきなり手数料で3%も取られて投資元本が97%になり
毎年儲かろうが大損しようが約1.7%も手数料を取られる投資信託は実は危険であることを認識する必要があります。

 

元本が保証される預金で安定的にジワジワお金を増やすことを最初に考えましょう。

 

>> メガバンクを圧倒する高金利銀行はココだけ!

 

 

 

 

 

 

 

 

投資信託で騙されたらダメ!買ってはいけない銘柄とは?

投資信託 買ってはいけない ダメ 騙された

今回は、投資信託 買ってはいけない ダメ 騙された について書かせていただきます。

 

投資信託 買ってはいけない ダメ 騙された

 

 

 

5000種類以上の銘柄がある投資信託において
どの銘柄が買ってはいけないダメな銘柄なのか?

 

素人には判断できないですよね?
投資信託のプロ!と思っていても金融機関と紐付いている人は
基本的にその金融機関にとってメリットのあることしかアドバイスしてくれないはず。

 

騙された!では遅いので
投資信託の銘柄選びで買ってはいけない銘柄の選定ポイントについてシェアしましょう。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

人気の毎月分配型ファンドにモノ申す!

 

結論から言うと投資信託を知っている人は
決して手を出す事のない『毎月分配型』投資信託。

 

にも関わらず
素人の一般人には大人気なのだと言う。

なぜなのでしょうか?

 

毎月分配型ファンドとは、
文字通り1ヶ月毎に毎月・毎月
分配金が支払われる仕組みになっているファンドであるが

1年分がまとめて支払われる通常のファンドと比べると
時間軸の早いタイミングで支払われる。

 

つまり
分配金に対する課税も早いタイミングで行われるのだ。

 

 

この毎月分配型ファンドは
比較的高齢者の方によく売れているらしい。

 

毎月分配型ファンドをおすすめしている業者の担当者は
『年金の足しとして毎月分配されるファンドはどうですか?』
という切り口でセールスを展開しているらしい。

 

 

年金のように
毎月安定して分配金が貰え
目の前の高額分配金によって安定していると勘違いし
資産運用としての最適性を考えられずに購入してしまうらしい。

 

冷静な資産運用をすべきであり
毎月分配型ファンドには慎重になるべきである。

 

 

 

仮想通貨 やっておくべきこと 初心者

レバ500倍&日本円で入金が出来る取引所の先行登録

 

 

元本確保型投資信託を読み説く

 

非常に不利な条件にも関わらず
多くの人が購入してしまっている商品として
毎月分配型ファンド以外にも元本確保型投資信託という商品がある。

 

人(とりわけ日本人)は
元本確保という言葉にめっぽう弱い。

良い例が日本人の資産総額に対する
普通預金/定期預金の割合だろう。

 

 

さて、
元本確保型投資信託とはどのような投資信託か?と言うと
簡単に言うと【ゼロクーポン債 + アクティブファンド】の組合せのイメージである。

 

ゼロクーポン債とは、
利息がない換わりに額面価格より安く債券を購入でき
償還日には額面通りの金額で償還されることが確定している商品。

 

一例を出すと
今日お客さんから100億円を預かり、
そのうちの80億円をゼロクーポン債に投資した場合、
10年後には80億円が100億円になることが確定している。というようなものである。

 

元本確保がされている意味合いは上記になる。

 

これと組み合わせるように
残りの20億円を強気にアクティブファンドで運用し
高いリターンを目指すわけだ。

 

 

一見、
リスクがないように感じられるが
すべてが上手くいく美味しい話はない。

 

 

金利のリスクがあったり
このような商品は外貨建て商品が多いので
為替リスクも発生する。

 

おまけに、
儲かろうが損しようが発生するのが
手数料であり、元本確保型投資信託は
ボッタくりのような高い手数料をとる商品もたくさんある。

 

 

なんとなく安心する
元本確保という言葉に乗せられて
手を出すと痛い目に遭う可能性がある。

 

 

 

 

騙されないために投信の銘柄選びで必要な考え方

 

毎月分配型ファンドや元本確保型投資信託ともに言えることであるが
投資の世界で【絶対】ということはあり得ない。

 

そして、
日本人の多くが考えているのですが
絶対に元本割れは起こさずに投資をしたい!というような気持ちを煽る商品に対し
多くの人は安心し、本来的に得られるリターンより高い期待をしてしまうのである。

 

その結果、
冷静に考えることが出来る人であれば

購入するはずのない価格で購入してしまうのである。

 

 

投資に限らず
世の中には『絶対』という尺度は存在しないので
絶対!という言葉でセールスを仕掛けてくる人がいれば
近づかない事が賢明と考えます。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

 

ということで、
投資信託 買ってはいけない ダメ 騙された
について書かせていただきました!

 

 

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

 

メインバンクでおススメなのは普通預金が高金利なこの銀行!!

 

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

 

 

信頼バツグン!格付会社おすすめの投資信託ランキング!

投資信託 ランキング 2015

今回は、投資信託 ランキング について書かせていただきます。

 

投資信託 ランキング 2015

 

 

 

 

日経平均株価も2万円台を突破し個人投資家の投資意欲が湧きあがっている昨今。

実は株式投資だけでなく投資信託への個人資産流入も激しくなっているのです。

 

そこで今回は、

その辺の素人が勝手に作った投資信託ランキングなどではなく、

中立的な評価機関として評価の高い格付投資情報センターであるR&Iが発表した

R&Iファンド大賞の優秀投資信託ファンドを紹介しよう!

 

このランキングは、

投資信託に手を出してみたいけど何を買ったらよいのかわからない。。。

という人にとって救いとなること間違いなしです。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

今回の大まかな選出判断基準としては、

過去3年間の成績を判断材料とし、純資産残高についても

ある一定額を下回っている投資信託にかんしては除外している。

 

つまり、

例外的に一時的に好調なファンドは取り除いたことになる。

 

なぜ取り除くかと言えば、

安定性に欠け、一発屋の色が濃いファンドだと長期投資に向かないからだ。

 

 

 

ということで、

国内/外国、株式/債券という切り口で見て行きたいと思います。

 

 

 

国内株式型ランキング

 

 

最優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:スパークス・新・国際優良日本株ファンド
  • 運用会社:スパークス・アセット・マネジメント
  • ファンド内容:高い技術力でグローバルに活躍することが期待される20社程度の銘柄で運用されている
  • 過去3年の暴落率:175.7%

 

 

優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:ひふみ投信
  • 運用会社:レオス・キャピタルワークス
  • ファンド内容:時流を考え成長が見込める企業に着目し投資、守りを固めながら着実に増やす
  • 過去3年の暴落率:127%

 

 

優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:日興ジャパン 高配当株式ファンド
  • 運用会社:日興アセットマネジメント
  • ファンド内容:予想配当利回りが市場平均以上の銘柄の中から増額配当が期待出来る企業をセレクト
  • 過去3年の暴落率:100.6%

 

 

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

国内債券型ランキング

 

 

最優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:にっぽん債券オープン(毎月決算型)
  • 運用会社:国際投信投資顧問
  • ファンド内容:国内の公社債の中から、信用格付けがトリプルB(BBB)以上のものにのみ投資
  • 過去3年の暴落率:7.4%

 

 

優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:東京海上・円建て投資適格債券ファンド(毎月決算型・年2回決算型)
  • 運用会社:東京海上アセットマネジメント
  • ファンド内容:国内の社債を中心に投資。
  • 過去3年の暴落率:8.3%

 

 

優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:三菱UFJ 日本国際ファンド(毎月決算型)
  • 運用会社:三菱UFJ投信
  • ファンド内容:償還期間が異なる日本国際の組み入れで、金利変動を抑え運用。比較的安定している
  • 過去3年の暴落率:8.7%

 

 

 

 

 

外国株式型ランキング

 

 

最優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:セゾン資産形成の達人ファンド
  • 運用会社:セゾン投信
  • ファンド内容:バンガードなど国内外の有力運用会社のファンドに分散投資をしている
  • 過去3年の暴落率:129%

 

 

優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:マニュライフ・新グローバル配当株ファンド(毎月分配型)
  • 運用会社:マニュライフ・インベストメンツ・ジャパン
  • ファンド内容:株主還元を積極的に行っている世界各国優良企業に投資
  • 過去3年の暴落率:100.3%

 

 

優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:MHAMグローバル・アクティブ・オープン
  • 運用会社:みずほ投信投資顧問
  • ファンド内容:世界各国の国家戦略上有利な企業に積極投資を行う
  • 過去3年の暴落率:113.5%

 

 

 

 

 

外国債券型ランキング

 

 

最優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:東京海上Rogge世界ハイブリッド証券ファンド(通貨選択型)米ドルコース(毎月分配型)
  • 運用会社:東京海上アセットマネジメント
  • ファンド内容:世界中の金融機関が発行するハイブリッド証券で運用を行うファンドなどに投資を行う
  • 過去3年の暴落率:87.8%

 

 

優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:ハイブリッド証券ファンド(通貨選択型)米ドルコース
  • 運用会社:新光投信
  • ファンド内容:世界中の金融機関が発行する債券や証券を組み入れているファンドに投資を行う
  • 過去3年の暴落率:79%

 

 

優秀ファンド賞

 

  • ファンド名:フィデリティ・ストラテジック・インカム・ファンド Bコース(為替ヘッジなし)
  • 運用会社:フィデリティ投信
  • ファンド内容:アメリカ国債や政府機関債、社債、先進国の国債などに幅広く投資しているのが特徴
  • 過去3年の暴落率:56.3%

 

 

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

 

ということで、
投資信託 ランキング
について書かせていただきました!

 

 

 

膨大なデータの中から、

素人では判断出来ないレベルでファンドを選出してくれていますので、

投資信託への投資を考えている個人投資家の人は是非この2015年最新版ランキングを参考に

投資を考えてみてください!

 

 

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

 

ビットコインの次はこれに投資しよう!!!

 

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

 

 

 

 

海外の長期積立で香港が注目されるも注意すべき3つのポイント

海外 長期積立ファンド 香港

今回は、海外 長期積立ファンド 香港 について書かせていただきます。

 

海外 長期積立ファンド 香港

 

 

 

世の中には多くの投資情報が流れている。

ネット上でも探せばいくらでも出てくる。

 

そんな中、

今注目を集めているのが香港を利用した【長期積立ファンド】だ。

 

超低金利に喘ぐ日本を尻目に香港などの海外では、

15~20%もの年利が得られるという。

 

『長期積立ファンド 香港』とでも検索してみればわかるが、

 

【面倒臭がり屋におすすめ!】インデックスファンド銘柄

インデックスファンド おすすめ 2015

今回は、インデックスファンド おすすめ 2016 について書かせていただきます。

 

インデックスファンド おすすめ 2015

出典:http://www.wisegeek.com/

 

 

 

投資信託の対象商品は年々増加傾向にあり、

2016年においては5000案件以上にも上る状態であります。

 

中でもインデックスファンドは当サイトでおすすめしている投資対象です。

 

今回は、

2016年に投資信託(インデックスファンド)を始めよう!とお考えのアナタに、

ピッタリのおすすめ商品を紹介したいと思います。