貯金

2019年【メインバンクにおすすめの銀行はココ!】条件とサブ口座も紹介

投稿日:

メインバンク おすすめ 2019年

平成から元号も新元号となる2019年は、日本における大きな変化点となるでしょう。

そんな2019年は何がなんでも貯金額を増やして、安定した投資などで着実に資産を増やしたいと思いませんか?

ギャンブルではなく、着実に資産を増やしていきたい!と思っている方に向けて、
2019年メインバンクとしておすすめの銀行を、オススメする理由とともに紹介していきます。

 

メインバンク(メイン口座)の目的からおすすめ銀行を考えよう!

「メインバンクどこにしよう?」とか、「家計のメインバンクは今のメガバンクのままでいいのかな?」などなど、現時点での状況に迷われている方も多いのではないでしょうか?

よく分からない名前の銀行も増えてきて、一体全体どこの銀行が最も自分にとってお得なのかよく分からないですよね?

数ある銀行の中から、
いきなり比較検討して1銀行を選ぶのではなく、まずは自分自身がメインバンクに求める重要ポイントを明確にしましょう!

例えば・・・

参考

  • 全国に支店がある銀行口座がいい
  • コンビニで気軽に引き出せる銀行口座がいい
  • 振込手数料が安い銀行口座がいい
  • 24時間365日いつでも入出金出来る銀行口座がいい

などなど、
他にも自分自身がメイン口座となる銀行に求めるポイントがあるはずです。

まずは、
そこを明確にしてみてください。

また、
複数ポイントがある人であれば、その中でも出来るだけ優先順位をつけましょう。

 

個人的には、
『メインバンク=日々の生活費をやりくりする口座』というスタンスです。

ですので、
出来るだけ日々の入出金がやりやすい銀行口座をメインの銀行口座として利用したいと考えています。

 

2019年間違いなくおすすめのメインバンクはココ!

銀行ATMでの入出金手数料や他行への振込手数料など、各種銀行が色々と差別化を図っているので、ドンドン分かりにくくなっていますが、2019年メインバンクとしてもっともおすすめの銀行は・・・

イオン銀行をおすすめする最大の理由が、入出金手数料無料で利用することが出来るATMが全国で55000台も存在することです。

イオン銀行ATMでは、
24時間(平日も土日も関係なく)、引き出しも預け入れも終日手数料無料で利用することが出来ます。

また、
イオン銀行の場合は、
イオン銀行ATM以外にも、『みずほ銀行』・『三菱UFJ銀行』・『ゆうちょ銀行』など全国の提携金融機関ATMでも、平日日中、入出金手数料無料で利用することが出来るのです。

これってめちゃくちゃ凄いことですよ?

この後説明する従来のネットバンクでは、
それぞれのコンビニATM等では手数料無料で利用できましたが、メガバンクと手を組めている銀行は多くありません。

その中で、
イオン銀行は、みずほ・三菱UFJ・ゆうちょというとてつもなく大きな企業のATMを無料で利用できるようになるのです。

ハッキリ言って、
これだけでもイオン銀行の口座開設をしておくべきだと言えます。

>> イオン銀行の口座はコチラから

 

イオン銀行の場合は、全国のATMが利用できるだけではなく、銀行の普通預金金利も桁違いの高金利にすることが出来ます。

その方法が、
イオン銀行Myステージというステージ制度でシルバーステージ以上にすることです。

これによって、普通預金金利をメガバンクの100倍である0.100%まで引き上げることが出来ます。

メガバンクの普通預金金利が年利0.001%という時代に、年利0.100%はすごいと思いませんか?

イオン銀行の金利を引き上げるためには、Myステージというポイント制度におけるポイントを稼ぐ必要があるのですが、イオンカードセレクトというイオングループが発行する無料のクレジットカードを持っているだけで、10点分のスコアを貰えますから、イオンカードセレクトを今すぐ申し込むことをおすすめします。

ちなみに、
イオンカードセレクトを無料申込すれば、自動的にイオン銀行の口座も開設されます。


イオンカードセレクトというのは、無料で発行されるカードで3つの機能を持った優れたカードになっています。

機能は以下の3つ。

  • クレジットカード機能
  • イオン銀行のキャッシュカード機能
  • イオングループの電子マネーWAON機能

 

イオンクレジットカード

>> イオンカードセレクトの詳細をチェック

 

2019年口座開設しておいて損は無いサブバンクはココ!

では続いて、
イオン銀行をメインバンクにしながらも、同時にサブバンクとして口座開設をしてくべき銀行口座を紹介したいと思います。

ポイントとしては、以下2点。

  • 『イオン銀行で出来ることはイオン銀行に任せる』
  • 『イオン銀行ではできない機能を持っている銀行口座をサブバンクにする』

 

イオン銀行の弱点と言えば、
コンビニでの入出金対応』と『24時間対応』では無い点です。

金利が高いのでメインバンクとして生活費を貯めておくには良いものの、使い勝手という意味では、コンビニで24時間利用できる銀行口座をサブ口座として持っておくことをおすすめします。

では、
どこの銀行が良いのか?と言いますと、、、

新生銀行』がおすすめです。


ただし、新生銀行は2018年からちょっと制度変更がありまして、コンビニでの入出金手数料24時間365日無料改悪になりました。

具体的には、
条件を満たしたもののみ、継続的にコンビニATMでの入出金手数料を無料にする。というものになります。

そういった意味では、
安定的に100万円以上新生銀行の口座に預金しておける人は手数料無料で使えますので、新生銀行のサブバンクとしての利用をおススメします。

 

新生銀行以外でもう2つサブバンクとしての候補を挙げておきたいと思います。

色々ありますが、
住信SBIネット銀行』と『セブン銀行』になります。

住信SBIネット銀行は、
回数に制限はありますが、各種コンビニATMでの出金がランクに応じて一定回数無料になります。

セブン銀行に関しては、
預け入れはいつでも無料ですが、出金に関しては、時間帯限定で無料になります。

具体的には、
AM7:00~PM7:00までの12時間。

この時間帯であればセブンイレブンATMでの入出金手数料が無料になります。

 

まとめ

ということで、
ここまでをまとめますと、2019年のメインバンクとしておすすめなのは、総合力で断トツ『イオン銀行』ということになります。(メガバンクのATMが使える点や普通預金金利が最大でメガバンクの120倍になる)

また、
サブ口座としては、『新生銀行』・『住信SBIネット銀行』・『セブン銀行』をおすすめしています。

口座開設自体は無料ですから、お持ちではない口座があれば、今すぐ口座開設されることをおすすめします。

 

イオンクレジットカード

>> イオンカードセレクトの詳細をチェック

 

 

 

 

-貯金

Copyright© 資本主義社会のお金を科学する , 2019 All Rights Reserved.