マイナンバー制度

マイナンバーカード【いつから発行?】写真サイズなど仕様まとめ

投稿日:

今回は、マイナンバーカード いつから発行 受け取り拒否 仕様 写真サイズ について書かせていただきます。

 

マイナンバーカード 写真 住基カード 有効期限 保険証 仕様 紛失 写真 サイズ いつから発行 受取マイナンバーカード 写真 住基カード 有効期限 保険証 仕様 紛失 写真 サイズ いつから発行 受取

 

 

 

2015年10月よりスタートしたマイナンバー制度ですが、
郵便局の配送状況が想定通りといいますか、思うように配達できていなかったり、
誤配送を繰り返すなどして、2015年11月10日過ぎ段階にてまだ1割程度しか受け取りが出来ていないようです。

 

2016年1月からのマイナンバー運用スタート大丈夫ですか?という感じですが、
この記事では、マイナンバーカードがいつから発行され、どんな仕様なのか?写真のサイズは?受け取り拒否は?
など気になるポイントについて分かりやすくシェアしたいと思います。

 

 

月収200万円を突破した秘密のノウハウを期間限定無料公開します!
(↑詳しくはコチラをクリック↑)

 

マイナンバーカードって何?どんな仕様?

 

今全国の国民が、
我が家はまだ届かないぞ!とまだかまだかと書留の郵便配達を待っているのが、
『マイナンバー通知カード』です。

 

これは、
2015年10月から順次郵便局の書留にて配達されているわけですが、
いかんせん2015年11月の中旬段階にてまだ10%強程度しか配送できていないということで、
年内にすべての家庭/国民にマイナンバー通知カードが到着するかどうかもちょっと疑問に思ってきました。

 

ちょっと単語がややこしいのですが、

この『マイナンバー通知カード』というのはカードと言いながら紙切れです。

 

これは、
2015年10月5日段階で、
日本に住民票を置いている全国民に対し、
発行される紙切れで、1人1人固有の12桁のマイナンバーが割り振られています。

 

 

これに対し、
もう1つ存在するのが『マイナンバーカード』です。

 

マイナンバーカードというのは、
簡単に言えば、ICチップが埋め込まれた個人番号カードです。

 

このマイナンバーカードには、
名前や住所、生年月日、性別はもちろんのこと
12桁のマイナンバーが表記され偽造防止でICチップも埋め込まれています。

 

どんなもんか、
仕様がわかりやすい写真をみてみましょう!

 

 

マイナンバーカード いつから発行 受け取り拒否 仕様 写真サイズ
画像引用元:http://mynumberseido.hatenadiary.jp/

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

マイナンバーカードはいつから発行?写真サイズは?

 

マイナンバーカードは、
2015年10月に届くマイナンバー通知カードの書留に、
同封される形で『マイナンバーカード申請書』が同封されています。

 

このマイナンバーカード申請書を記入し、
既定のサイズの写真をセットにして返送することで、
申請自体は完了になります。

 

 

すると、
2016年1月から

実際にマイナンバーカードを利用することが出来ます。

 

 

では、
このマイナンバーカードの発行に、
必要な写真サイズですが、3.5センチ×4.0センチとなっています。

 

マイナンバーカード いつから発行 受け取り拒否 仕様 写真サイズ

 

 

このマインナンバーカードの発行によって、
社会保障関係の個人書類申請や確定申告などを簡素化出来るということですが、
今後更に利用範囲は拡大されていくのだそうです。。。

 

 

満足に配送すらできていなマイナンバー制度ですが、
千葉県の一部の国民などが受け取り拒否運動をするなど
全国でマイナンバー制度に対する反対運動が起こっています。

 

 

今後どうなっていくのか?については、
随時ウォッチしていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
マイナンバーカード いつから発行 受け取り拒否 仕様 写真サイズ
について書かせていただきました!

 

 

 

 

-マイナンバー制度

Copyright© 資本主義社会のお金を科学する , 2019 All Rights Reserved.