仮想通貨,ビットコイン,ポイントサイト,SBIVC

資本主義社会のお金を科学する

NISA初心者はコレを買え!投資信託のおすすめランキング

nisa 投資信託 ランキング

今回は、nisa 投資信託 ランキング について書かせていただきます。

 

nisa 投資信託 ランキング

 

 

 

2014年から開始されたNISA口座。

アナタは既に活用されていますか?

 

NISAってそもそも何?という人もいるかもしれないが、
この記事ではNISA口座の活用についてシェアしたい。

 

NISAで投資信託がおすすめな理由から
投資信託の選び方、おすすめの投資信託ランキングまで
株式ではなく投信としての商品選びをシェアします。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

NISAで投資信託をおすすめする理由

 

NISA口座は上手に活用できていますか?

 

そもそも稼いだお金は資産運用なんてせずに
すべて普通預金に眠らせています!もしくはタンス預金です!

という人にとっては無意味かもしれないが

 

多少なりともリターンがあるのであれば
何か投資してみたいと考えるのが普通である。

 

 

そもそもNISAって何ですか?という人は、
コチラの記事を読んでほしい!

NISAとは何か?を分かりやすく解説!

 

 

NISAはザックリ言うと
1年間で1人100万円分の枠まで
運用益や配当金に税金がかからないという特別枠。

 

当たり前のように投資を行っている人であれば

使わない手はない。

 

結論から言うと、
NISA口座で運用すべき投資商品は
投資信託一択なのですがその理由をシェアします。

 

 

まず、

NISAの注意点として
100万円という枠は一度切りというルールがあります。

 

つまり、

例えば30万円の株式を購入しすぐに売却してしまうと

たちまちNISAで税率が優遇される枠は70万円に減ってしまうわけです。

 

そして
このNISAで保有できる銘柄は
最長5年間この税制措置を採用出来るのです。

 

 

考えてみてください、
NISA口座で株式の短期売買を繰り返せば
一瞬で100万円の枠を使い切ってしまうことになります。

 

そうなるとNISAの旨みは全くなくなります。

 

 

 

じゃーどうすれば?という疑問に回答するのが
長期保有目的で購入する必要があるということです。

 

基本的に
5年間眠らせることを前提にすべきでしょう。

 

 

また、
株式投資に関しては
上場している企業によって株価が毎日変動するので
あるAという企業の株を購入しようとしても
絶対に○○万円という金額で買えるとは限りません。

 

そうなると
100万円というNISAの枠を
上手にきっちりと使い切ることが難しくなるのです。

 

 

ということで
急激な株価下落や枠を上手に使いきれないという理由で
個別株式の購入は避けるべきなのです。

 

 

ではなぜ投資信託が良いのか?と言いますと、
急激な価値の下落が起きにくい世界的に分散投資を行っている
投資信託商品が存在すること。

 

また、
Aという投信を1万円分購入というように
金額ありきで購入を決められる点にあります。

 

 

 

ということで
NISA口座を上手に活用するという意味では、
投資信託での運用をおススメします。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

投資信託の選定基準とは?

 

NISA口座で投資信託を購入すべき理由については
ご理解いただけたかと思いますが
ではどのような投資信託を選べばよいのでしょうか?

 

ココでは、
投資信託の選定基準についてシェアしたいと思います。

 

 

 

投資信託の選定で考える事

 

  1. 中身の良く分からない商品に投資しない
  2. 売買手数料の安い or ゼロの商品に投資する
  3. 信託報酬の高いファンドは候補から外す
  4. 分配金だけにフォーカスしない
  5. 長期で考える
  6. 分散投資を基本とする
  7. 過去の運用成績だけに捉われない

 

 

どれも当たり前と言えば当たり前の話ですが

購入する投資信託がどのようなファンドか理解せずに
購入するというのは避けるべきです。

 

いざという時のリスクヘッジができません。

 

 

また、

投資信託においては
売買手数料と信託報酬が主なコストになります。

 

投資において
手数料は当たり前に発生するかのように考えられがちですが
利益が得られるか分からない商品に投資するわけですから
絶対的に払わなければならないコスト(手数料)については

出来る限り低く抑えておくべきなのです。

 

利益は確定していませんが
コスト(手数料)は確定している事項です!

 

そう言う意味では、
売買手数料のかからない(ノーロード型)商品を選定し
信託報酬に関しても出来る限り低い商品が良いでしょう。

 

 

また、
毎月の分配金を高く設定し
表面的に儲かっている商品かのように見せかけている投資信託が多数存在しますが
トータルで考えると元本割れを起こしている可能性があります。

 

全体で考える必要があります。

 

 

 

NISA口座においては
基本的にNISAの旨みを最大限引き出すために
売買回数は最小限に抑えるべきです。

 

そういう意味では
長期的に上昇するであろう銘柄を選定すべきですし
急激な下落などのリスクを減らすために出来るだけ分散投資をしている銘柄がよいでしょう。

 

 

 

おすすめの投資信託ランキングBest3

 

私の方でおすすめ出来る投資信託を

ランキング形式でBest3をシェアしたいと思います。

(※利益を保証するものではないのでご了承くださいね)

 

 

 

第3位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

 

信託報酬が0.74%とちょっと高く設定されていますが

米国株式25%、米国債券22%、欧州株式12%、欧州債券18%、

日本株式4%、日本債券10%、新興国株式6%、太平洋株式3%と世界中にバランスよく配分されています。

 

 

 

第2位:世界経済インデックスファンド

 

信託報酬が0.54%と低めに設定され
外国株式30%、外国債券28%、新興国株式16%、新興国債券16%、日本株式6%、日本債券4%と

若干新興国の割合が高いものの世界にバランス良く投資している投資信託です。

 

初めてNISA口座で投資信託をする人にもおススメ出来ます。

 

 

第1位:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

 

株式100%で運用されるこの銘柄は
ETFということで信託報酬0.18%という驚異の安さです。

 

高いリターンを期待する若年層の人にはおススメ出来ます。

注意点としては売買手数料と現地手数料、為替手数料など
信託報酬以外のコストがかかりますので投資する金額がある程度の規模でないと
手数料負けするリスクがあります。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

 

ということで、
nisa 投資信託 ランキング
について書かせていただきました!

 

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

 

FXで破産!大損!した主婦の実話はコチラ・・・

 

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

 

 

 

 

NISA運用【おすすめの投資信託銘柄】最新版!

nisa おすすめ 銘柄 投資信託 2015

今回は、nisa おすすめ 銘柄 投資信託 について書かせていただきます。

 

nisa おすすめ 銘柄 投資信託 2015

 

 

 

NISA口座を利用して
実際に投資をしてみたいけど
投資信託やら株やら今は何に投資したら良いんですか?

という人がたくさんいます。

 

この記事では
NISAの旨みを最大限引き出せるような銘柄選びの鉄則から
おすすめの投資信託をシェアしたいと思います。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

 

NISA口座で必須の4つの大原則とは?

 

NISA口座で資産運用してくに当たって
まず大前提として理解しておくべきポイントがあります。

 

この4つの大原則をシェアしていきましょう。

 

 

1.NISA枠は最大限活用しよう

 

当たり前の話ですが
お得なモノは使えるだけ使うべきです。

 

利用方法を間違えてしまえば損する可能性もありますが
正しい手法で利用すればリスクなく活用できます。

 

NISA口座では年間100万円まで無課税になるのですから
枠の最大金額である100万円まで最大限使い切る戦略を持ちましょう。

 

 

2.リターンの高い金融商品をNISA口座へ

 

NISA口座で運用する商品は
運用益や配当金に対する税金がかからないわけです。

 

つまり

運用益が1億円出ようが
配当金が5000万円になろうが
課税されないわけです。

 

この旨みを最大限活用するためには
高いリターンが見込める商品を
NISA口座で運用すべきです。

 

 

3.NISAでは分散投資を基本としよう

 

NISA口座で運用する商品に関しては
利益が出ることで初めてNISAの旨みを享受出来ます。

 

逆に言うと
NISAで運用している金融商品が損失ばかりだと
旨みが享受出来ないどころか損することがたくさんあります。

 

NISA口座を利用するデメリットとは?

 

 

なので
NISAでは大きく損失が出てしまうような単一株式や
特定のテーマに特化した投資信託、単一の外国債券なども
NISA口座で運用する商品としては向かないと言えます。

 

 

4.NISA銘柄は低コスト商品を選べ

 

 

NISAでは低コスト商品で運用する

長期を前提にしているので投資信託で言うと信託報酬が小さい運用商品を選ぶべき

 

 

結論から言いますと、
NISA口座では短期売買目的の株式投資などは向いていません。

 

アッという間に
NISA口座枠の100万円を使いきってしまいます。

 

そうなると、
NISA口座で運用することが向いている金融商品は
長期で運用することが前提となります。

 

長期運用するときに
高い手数料が取られてしまっては
どれだけ利益が出ようとも大きな手数料が必要になってしまうので

運用における基本原則として低コスト商品を選びましょう。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

NISA口座で投資信託をおすすめする理由

 

結論から申し上げますと、
NISA口座で運用する金融商品としては
投資信託が向いていると言えます。

 

 

理由としては、、、

 

投資信託の場合、
銘柄Aを1万円分という購入の仕方が出来ます。

 

一方、
個別銘柄などは
株価によって最低購入金額が変わるので
お目当ての銘柄が買えなくなる可能性があります。

 

つまり、
投資信託は100万円の枠をフルに使い切ることができますが
株式商品に関しては難しくなってしまいます。

 

 

 

もう一つ
投資信託がNISA口座での運用に向いている理由として
NISA口座では長期投資が向いているので

長期での運用の安定性を考えると分散投資が基本となります。

 

そうなると商品として向いているのは
単一/特定の株式商品ではなく幅広く分散されたファンドを選ぶべきなのです。

 

 

 

おすすめの投資信託銘柄は?

 

それでは最後に、
おすすめ出来る投資信託の銘柄をシェアしたいと思います。

 

最終的な損益については
自己責任になりますのでその辺をしっかりと考えて投資計画を練りましょう!

 

 

基本的な考え方としては、、、

 

  • 国内外の銘柄に分散投資していること
  • リターンの高い株式が含まれていること
  • 手数料の低いインデックスファンド
  • 出来る限りノーロード型(購入手数料ゼロ)の商品であること

 

 

 

そして、
そもそもNISA口座を開設する場所に関しては

楽天証券やマネックス証券などネット証券がおすすめです。

※手数料が低く抑えられるので。

 

 

 

 

おすすめ投資信託銘柄!

 

  1. TOPIX連動型上場投資信託(コード番号:1306)
  2. SMTグローバル株式インデックス・オープン
  3. バンガード・トータル・ワールドストックETF(海外ETF)

 

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

 

ということで、
nisa おすすめ 銘柄 投資信託
について書かせていただきました!

 

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

 

ビットコインの次に投資対象はコレだ!!!

 

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

 

 

 

 

 

NISAのデメリットを完璧に把握し投資信託/株を購入してる?

nisa 投資信託 デメリット

今回は、nisa 投資信託 デメリット について書かせていただきます。

 

nisa 投資信託 デメリット

 

 

 

NISAがお得なことは分かったから
株やら投資信託を利用して100万円の枠を使おう!

 

と適当にNISA(ニーザ)で株やら投資信託を買っていては

損してしまいます!

 

この記事では
NISA(ニーサ)を利用して
株やら投資信託やらを購入する時に
デメリットとなるポイントについてシェアします。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

デメリット その1:損益通算が出来ない!

 

投資や資産運用を多少なりとも行っている人や
確定申告を自分自身で行っている人はピンと来るかと思いますが、

『損益通算』とは何かわかりますか?

 

 

初心者の人にも分かりやすくするために
簡単な例を出したいと思います。

 

 

前提条件

 

  • 税率:20%
  • 株式:10万円の利益
  • 投資信託:2万円の損失

 

 

損益通算一例

 

上記の前提をもとに考えてみたいと思います。

 

株式で10万円の利益が出ただけの人は、

10万円×20%=2万円が税金となり

手取りの利益は8万円となります。

 

投資信託で2万円の損失が出ただけの人は、

支出する税金はありません。

 

 

で、

通常の場合
ここの株と投資信託で出た利益と損失を合算して
税金を算出することが出来るわけです。

 

上記の例をそのまま利用すると
10万円の利益+2万円の損失=8万円の利益となり、

8万円×20%が税金となります。

 

よって

納めるべき税金は16,000円となり
単体で納めるはずであった金額20,000円に比べると

4,000円お得になっていることがわかると思います。

 

 

 

ですが!!!

 

NISA口座で運用している株や投資信託に関しては
この損益通算という方法を利用することが出来ないのです!

 

 

一般口座とNISA口座の損益通算が出来ないだけでなく
NISA口座内の商品もまとめて考えることが出来ません。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

デメリット その2:損失の繰り越しが出来ない!

 

これは自分自身で確定申告をしている人は実感出来ると思いますが
株式投資や投資信託を利用している時に発生した損失に関しては

個人であっても最長3年間は損失を繰り越すことが出来ます。

 

 

例えば、
確定申告1年目に50万円の損失が発生し、
翌年(2年目)に100万円の利益が出たとしても
2年目に100万円×20%=20万円の税金を支払う必要がなくなるのです。

 

どうなるのか?というと、
(100万円(2年目の利益)-50万円(1年目の損失))×20%=50万円×20%

=10万円ということで税金は10万円で済む事になります。

 

損失の繰り越しが出来る事で
10万円の節税になるわけです。

 

 

 

で・す・が!!!

 

 

 

NISA口座で発生した損失は翌年に繰り越せないルールになっているので
この繰越ルールが適用出来ません。

 

 

一例を出しますと

 

1年目にNISA口座で80万円の損失が出た。

2年目に通常口座で80万円の利益が出た。

 

 

もし仮に
NISA口座の損失を繰り越し&通算する事が出来たのであれば

▲80万円(1年目の損失)+80万円(2年目の利益) ⇒ 0となり
課税はなくなる計算になります。

 

 

しかし、
NISA口座は損失の繰り越しが出来ないので
2年目の利益である80万円にそのまま20%の課税がされてしまいます。

 

⇒ 80万円×20%=16万円の税金がかかります。

 

 

 

 

デメリット その3:100万円の枠は再利用出来ない!

 

デメリットの3つ目ですが、
NISA口座を利用出来る【枠】についてです。

 

2015年現在のところ
1年間で利用出来るNISA口座の枠は

最大100万円と決まっています。

 

 

資産家にとっては小さな枠でしかありませんが
タンス預金を引き出すと考えれば十分な金額かもしれません。

 

 

で、
重要なポイントは
100万円という枠は再利用出来ないということなのです。

 

 

どういうことか?と言いますと、
例えば2015年の2月に30万円の株式を購入したとします。

 

2015年の4月になって
株価が50万円に上がったので
20万円(50-30)の利益を確定させるために
株を売却したとします。

 

 

すると、
元々あったNISA口座の枠は
100万円 ⇒ 70万円となってしまうのです。

 

 

え?

当たり前では?

 

と思われたかもしれませんが、
高額株の短期売買を繰り返していると
アッという間にNISA口座の100万円枠を使い果たしてしまいます!

 

 

要は、
使い方を間違えてしまうと
NISA口座の旨みを全く使うことなく
枠を使い切ってしまう事になるのです。

 

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

 

ということで、
nisa 投資信託 デメリット
について書かせていただきました!

 

 

 

NEXT >>>NISAでおすすめの投資銘柄とは?

 

 

 

NISAとは何か?を今更わかりやすい解説をしてみる

ビットコイン おすすめ

今回は、nisa とは わかりやすい について書かせていただきます。

 

coincheck-評判-口コミ-取引所

 

 

 

2014年から始まったNISA(ニーサ)ですが
活用出来てますか?

 

NISA!NISAと世間は騒いでますが
実は私、ニーサとはどのようなものか?イマイチ分かってないんです!というアナタ!

 

この記事では
そんなNISAとは何か分かりやすく解説してほしい!という人のために
初心者でも分かる言葉で分かりやすくNISAとは何か?を説明したいと思います。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

NISAとは?1番分かりやすい解説!

 

NISA(ニーサ)ってちまたでよく聞くようになったけど
何かがお得になるようなんだろうけど
結局何がなんだかよくわからないんだよねー!という人多いですよね。

 

ここでは
乗り遅れてしまった人でも分かりやすいように
出来るだけ難しい言葉を使わずにNISAについてシェアしていきます。

 

 

結論から入りますが

NISA(ニーサ)とは、、、

株や投資信託などで得た利益について
通常は支払わなければならないはずの税金を
一定額まで免除しますよ。

という制度なのです。

 

 

この後もう少し詳しく説明していきますが
ここで理解しておいてもらいたいこととしては
NISAを利用することで株などで利益を出しても税金をゼロにすることが出来る。
ということですね。

 

 

では、
この株の運用益や配当金に対し
今まではどのような税金がどれくらい掛かっていたのでしょうか?

 

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

税率の変遷

 

そもそも
NISAが始まる前までは
株の運用によって得た利益や
配当金に掛かる税金はどうなっていたのでしょうか?

 

 

~2013年

 

2013年までは
運用益や配当金に掛かる税金に対し
軽減税率が適用されていたので税率は【10.147%】だったのです。

 

0.147%という中途半端な数字は
復興特別所得税が反映されているため

 

 

しかし、
この軽減税率が2013年で終了し
2014年に撤廃されることが決まっていたわけです。

 

 

そうなるとどうなるのか?と言うと、、、

 

 

 

2014年~

 

軽減税率が撤廃されてしまうと
株の運用益や配当金に掛かる税金というのは、
10.147% ⇒ 20.315%に増税されます。
(※現状されています。)

 

20.315%=所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%

 

 

もっと長い歴史から見ると
20%への増税も元に戻っただけの話なのですが
なんか損した気分であることに変わりはないですよね。

 

 

 

で、

 

 

新たに登場した制度というのが
NISA(ニーサ)というわけなのです。

 

 

 

普通の口座で資産運用を行って
利益が出たり配当金を得た場合は
20.315%の税金を納める必要があるのですが

 

NISA口座で運用することによって
一定の条件のもと税金をゼロにすることが出来るわけです。

 

 

 

 

NISAを分かりやすく一言で言うと?

 

NISAを端的に分かりやすく一言で言うと、、、

株などの投資で得た利益は税金を払うことなく全て貰う事ができる。

ということになります。

 

 

 

もう少し突っ込んでみると
NISA投資は2014年1月から始まって
年間100万円までと決められています。

 

 

例えば、

2015年7月に

100万円分の株を買って

5万円の配当金を得たとします。

 

 

NISA口座を利用していないと
5万円×0.20315=10,157円税金で取られてしまい
実質的に得られるのは39,800円程度になります。

 

また、
1株1000円の株を
1000株購入したとします。(⇒ 便宜上ちょうど100万円)

 

この株価が上昇し
1株1500円になった場合

1500×1000=150万となり
50万円の株運用益が発生します。

 

上記と同様に
NISA口座を利用していないと
50万円×0.20315=101,570円程度を税金として納める必要が出てきて
手元には40万円弱しか入ってきません。

 

 

 

これらが、
NISA口座で運用するだけで
5万円の配当金としてマルマル手元に残り
50万円の運用益もそのまま貰う事ができます。

 

口座の枠は
1年間で100万円までと決まっていますが
これを使わない手はないですね。

 

 

 

利用者急増中の年金制度!

松井証券のiDeCoを15秒だけチェックする>>
 

 

 

 

ということで、
nisa とは わかりやすい
について書かせていただきました!

 

 

 

NEXT>>> NISAにもデメリットがあった!?まとめ