マネースクエア トラリピ

トラリピ【豪ドルNZドルのおすすめ設定】と期間限定キャンペーン情報!スプレッド&スワップも紹介!

投稿日:

マネースクエアのトラリピ注文人気ですよね。

今回は、
中でも初心者が手を出しやすいと言われる豪ドルNZドルのトラリピ設定やスプレッド・スワップについて紹介していきたいと思います。

1つずつ見ていきましょう!

 

豪ドルNZドルのスプレッドはどれくらいか?

そもそもスプレッドとは何か?という点を簡単に説明すると、
売値と買値の価格差を意味します。

例えば、
豪ドルNZDドルを80円で買える時、
売りも80円なのかな?と思われがちですが
実は80円では売れないんですよね。

実数は異なりますが、
イメージとしては80円より低い価格の75円とかでしか売れない。というイメージです。
(実際は基本的にこんなに価格差はありません)

では、
AUDNZDのスプレッドはどれくらいなのでしょうか?

トラリピ 豪ドルNZドル 設定 スプレッド

↑コチラ↑を見ていただければ分かりますが、
ざっくりAUDNZDのスプレッドは・・・

3.5pips~4.0pipsくらいが多い。

と言えます。

実際は変動するので、
相場が大きく動くタイミングだったり
日をまたぐタイミングなどには、スプレッドも開く傾向にあります。

 

豪ドルNZドルのスワップは?

ココでもまずは『スワップ』とは何か?という点から入りたいと思いますが、
簡単に言えば、「異なる2通貨間の金利調整分」ということになります。

金利の低い通貨を売って、
金利の高い通貨を買っている場合、
プラスのスワップを受け取ることが出来ます。

では、
AUDNZD(豪ドルNZドル)どのようになっているのでしょうか?

まずは、
後ほど紹介する期間限定のキャンペーン情報ではなく、
通常のAUDNZDスワップポイントについて見ていきましょう!

通常は・・・
以下のようになっています。

  • 売り:マイナス5円(1万通貨保有の場合)
  • 買い:マイナス10円(1万通貨保有の場合)

つまり、
AUDNZDを1万通貨売りで1日保有した場合、
通常の売買差益以外に、マイナス5円が発生することになります。

同様に、
AUDNZDを1万通貨買いで1日保有した場合、
通常の売買差益以外に、マイナス10円が発生することになります。

※スワップは変動することがあります。

 

ですが、
この後紹介するトラリピの『せま得』キャンペーンを活用することで、
AUDNZDのスワップをマイナスでは無くす事ができます。

見ていきましょう!

 

AUDNZDおすすめのキャンペーンとは?

トラリピ 豪ドルNZドル 設定 スプレッド

AUDNZDをトラリピで保有するだけで、
毎日少額とは言えマイナススワップになっていては
なんとなく損した気分がしてしまいますよね。

そんなトレーダーの気持ちを察してか
企業としての戦略的なものなのか

豪ドルNZドルのスワップをゼロにしてくれるキャンペーンが発表されています。
(実際は以前からの継続)

上の画像にもあるように、
今の所キャンペーンは2021年7月1日から2021年10月31日のようですが、
これまでのことを考えると、更に延長される可能性は十分にあります。

で、
このキャンペーン!

『せま得』キャンペーンということで、
豪ドルNZドルの利益値幅を0.00200以内にすることで
買いポジションであっても、売りポジションであっても
スワップがゼロ円になります。

pipsに換算すると20pipsですね。

 

相場がひたすら下げていたり、
ひたすら上がり続けるような相場ではなく

上がったり下がったりを繰り返すような相場の場合、
20pipsの値幅であれば何度もエントリー&利確を繰り返す可能性があります。

 

豪ドルNZDトラリピのおすすめ設定方法

では、
豪ドルNZドルのトラリピを設定しようとされている方に、
どのような設定がおすすめなのか?お話していきたいと思います。

私自身もまだまだ発展途上ですが、
ここ数ヶ月の実際のトラリピ設定で分かったことは・・・

売買が少ないと面白くない!ということです。

トラリピ 豪ドルNZドル 設定 スプレッド

この画像を見ていただきたいのですが、
2021年3月23日の決済(利確)を最後になんと2ヶ月以上利益確定がなかったのです。

もちろん、
チャートの値動きがレンジっぽくなっていたり
大きく動かないタイミングだったとも言えますが

2ヶ月も決済(利確)が無いって、、、
単純に面白くないんです!!!

投資は面白いと思うことが大事ではない!というお叱りを受けそうですが、
面白いと思う/感じることって大事だと思うんですよね。

 

じゃー2ヶ月も利確がなかった原因は?というと、
チャートが動かなかったこともあるのですが、
利益の値幅を大きくしすぎていた&エントリーのレンジを広く取りすぎていた点が響いたかな?と考えています。

ということで、
上で紹介したせま得キャンペーンもあるので、
今までは利確の幅を70pipsにしていたのですが
利幅を20pipsにしたいと思います。

これによって、
小さくこまめにエントリーと利確を繰り返してくれると考えています。

ちなみに注文のレンジも狭めています。

 

投資元本が30万円だった場合

私自身、
トラリピに30万円を入金していますが、

  • 0.1万通貨の買いポジション:50本
  • 指値間隔:0.00122NZドル
  • 利益確定値幅:0.00200NZドル

上記設定で運用しています。

相場の動き方をこまめにチェックしながら、
レンジ幅やトラップ値幅なども調整していきたいと思います。

 

1年間でどれくらいの利益が出せそうか?

仮に1日1回は決済してくれると考えると、
ざっくり1回150円の利益になりますので
稼働日約250日と掛け合わせて・・・

150×250=37500円

1年間で37500円の利益が想定され、
30万円の元本計算になるので年利で計算すると12.5%ほどになる計算です。

今後もトラリピの進捗状況を随時更新していきますね!

マネースクエア
>>トラリピを今すぐ実践したい人はコチラ

 

-マネースクエア トラリピ

Copyright© 最強の凡人 , 2021 All Rights Reserved.