主婦,サラリーマン,脱サラ,副業,ポイント,お得

資本主義社会のお金を科学する

マイナンバー【消費税の還付金2%】に利用?未来がヤバい

マイナンバー 消費税 還付金 2% 4000円 上限

今回は、マイナンバー 消費税 還付金 2% 4000円 上限 について書かせていただきます。

 

マイナンバー 消費税 還付金 2% 4000円 上限

 

 

 

2015年10月日本の各家庭にマイナンバーが届く。
2016年1月税と社会保障のマイナンバーが正式に運用開始される。

 

国民にとって更に恐ろしい事態が引き起こされようとしている。
2017年4月に消費税が現行の8%から10%に引き上げられることは決定しているわけですが、
なんとこのタイミングで飲食料品に対する軽減税率の話が浮上している。

 

差として生じる2%の還付金!上限が4000円!などなど
他にも末恐ろしい未来が待っているような気がしてきたのでまとめてシェアします。

 

 

あなたも対策が必要?!企業版マイナンバーの法人番号とは?

マイナンバー法人番号

今回は、マイナンバー法人番号 について書かせていただきます。

 

マイナンバー法人番号

 

 

 

2015年10月から施行される予定の『マイナンバー制度』

Google検索などからもわかるように徐々に認知度は高まっていると思うが

個人用マイナンバーと似て非なる『法人番号』というのをご存じだろうか?

 

今回は、

まだまだあまり認知度の高くない『法人番号』について

マイナンバー制度が正式にスタートする前にシェアしておこう。

 

 

マイナンバー法の罰則は想像以上に重たい!社長は対策が必須

マイナンバー法 罰則

今回は、マイナンバー法 罰則 について書かせていただきます。

 

マイナンバー法 罰則

 

 

 

年金機構の個人情報漏洩によって

多少計画の軌道修正が必要にはなるだろうが

ほぼ間違いなく実施される『マイナンバー法案』

 

2015年10月には各家庭に

12桁のマイナンバーが記された書類が

簡易書留で送られてくるわけですが、

心配なのは勤め先などでの情報漏洩であり、

それらに伴う罰則については人ごとではありません。

 

マイナンバー法関連の情報漏洩などにおける罰則を

分かりやすい形で詳しくシェアしていきたいと思います。

 

 

 

マイナンバー法案で銀行口座が紐付けられると起こる未来

マイナンバー法案 銀行口座

今回は、マイナンバー法案 銀行口座 について書かせていただきます。

 

マイナンバー法案 銀行口座

 

 

 

マイナンバー法案によって銀行口座も紐づけられるのか?

 

日本年金機構の個人情報流出事件を受けて、

銀行口座への適用を盛り込んだ法案の採決は当面見送りとなったようであるが、

大きな視点(マクロ的な)でのマイナンバー法案の思惑は変わらないのであろう。

 

ここでは、

マイナンバー法案で銀行口座が紐づけられた時の銀行サイドの状況と

実際いつごろを目処に動き出すのか?をシェアしていこう。

 

>> 401kとは?【意外と知らないデメリット】をわかりやすい形で解説!

 

マイナンバーで確実に儲かる企業一覧!株は要チェック!

主婦 仕事 在宅 データ入力

今回は、マイナンバー 儲かる について書かせていただきます。

 

主婦 仕事 在宅 データ入力

 

 

 

年金情報の漏えいによって若干暗雲が立ち込めているマイナンバー制度ですが、

2015年10月の運用開始は刻一刻と迫っていますね―!

 

政府としてマイナンバー制度を皮切りに税金のとりっぱぐれを無くす作戦だとすると、

どんなことがあってもマイナンバー制度は運用開始するでしょう。

 

一市民としてやるせないのは、

なんかリスクを負わされているだけで何もメリットがなさそう。。。という点ですよね。

 

ということで、

マイナンバー制度を利用して儲かる方法をシェアします。

 

ポイントは、

マイナンバー特需を得て今大忙しのIT業界でしょう。

マイナンバー制度最大の弱点は情報漏洩ですから、

そこをなんとしても守ろうと各社IT企業は躍起になっているわけです。

 

ということで、

マイナンバー需要が見込まれるIT企業の株を紹介します。

 

 

 

マイナンバー銀行口座/タンス預金にも適用!解約を急ぐな

マイナンバー 銀行口座 タンス預金 解約

今回は、マイナンバー 銀行口座 タンス預金 解約 について書かせていただきます。

 

マイナンバー 銀行口座 タンス預金 解約

 

 

 

2015年10月からのマイナンバー制度適用を受けて、

いよいよ各社法人企業も大企業中小企業に関わらず忙しくなっています。

 

そんな中、

多くの国民の関心を集めているのが銀行口座へのマイナンバー適用。

 

すぐに適用されるわけではないものの、

銀行口座にも採用されるとタンス預金をたくさん抱えている人は、

預金口座を解約し始めるのでは?

 

銀行口座にマイナンバー制度が適用されるとどのような未来が待ち受けているのでしょうか?

個人で出来る対策をシェアしたいと思います。

 

南海トラフ地震の内閣府津波被害想定をまとめてみました!