地震予言 松原照子 2016年

資本主義社会のお金を科学する

地震予言【松原照子氏が2016年のヤバ過ぎる日本列島の未来を予測!】

地震予言 松原照子 2016年

 

地震予知のみならずスピリチュアルの世界では有名な松原照子(まつばらてるこ)さん

 

世間一般的には、
東日本大震災の地震予言で有名になりましたが、
そんな松原照子さんは2016年 日本をどのように地震予言しているのでしょうか?

 

調べてみると、
かなぁーーーりヤバいことおっしゃっているので必ずチェックしてください。

 

6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』はコチラ

 

 

 

松原照子氏が2016年以前に予言し的中していたこと

 

最初にもお伝えしたように、
松原照子先生が注目されたのは間違いなく2011年に起こった3・11

東日本大震災の時でして、ようは地震が起こることを事前に予知していたとされています。

 

 

そして、

そんな松原照子さんは2016年も地震予言が注目されているわけですが、

調べてみると2011年以前に発言している地震予測だけでなく数々の予言が当たっている事がわかりました。

 

 

全てではありませんが、

ピックアップしてご紹介します。

 

 

ギリシャの債務危機を予言

 

タイトルのまんまではあるが、

松原氏はギリシャの経済危機を予言していたのだ。

 

借入(=借金)が大きく膨れ上がり、第二のメキシコになる。と予言すると

1982年に債務危機に陥ったメキシコ同様にギリシャもデフォルトを起こした。

 

 

 

アルゼンチンの債務危機

 

不渡りを出すと予言

 

⇒ 1989年に500%のハイパーインフレにより財政破綻。

 

 

 

ペルーの紛争

 

ペルーが戦争に巻き込まれる

 

⇒ エクアドルとペルーの間で争いが発生し、ペルーは負ける。

 

 

 

1993年日本で食べ物がなくなる

 

食べ物が亡くなって怖くなるのでは

 

⇒ 記録的な冷夏を記録し、米騒動が発生。

 

 

 

日本の話題というよりも、
海外の予言が多いが的中させていることに変わりはない。

 

 

スポンサーリンク

業界屈指の格安手数料なら、やっぱりSBI証券!!アイエルアイパートナーズの無料サポート付き! [金融商品仲介業者アイエルアイパートナーズ]

 

 

 

2016年松原照子さん地震予知における最大の危機とは?

 

さてさて、
誰もが注目する2016年の地震予言は、
多くの地震予知学者が日夜研究しているわけですが、

松原照子さんが2016年に予知している魔の水曜日も忘れてはならない。

 

 

実際に、

この地震災害が発生すれば、

日本は壊滅的な被害を受けるとも言われている。

 

 

どのようなものか?というと、、、、

 

まず、

伊豆半島付近でM6程度の地震が発生する。

 

このマグニチュード6.0程度の地震であれば、
もう年に何回も発生しているので日本人であれば慣れっこになってしまっているかもしれないが、

恐ろしいのはこの後!!!なんとその地震から1週間以内に日本列島が分裂してしまうような災害が起きるという。

 

そして、

この地震がどこで起きるのか?というと、、、

なんでも東海地方を震源とする南海トラフ地震だと言われている。

 

 

単なる南海トラフ地震では終わらず、

糸魚川-静岡構造線と呼ばれる大断層線に沿った地震のようで、

コレが原因で日本列島が分裂するらしい。。。

 

この糸魚川-静岡構造線間においては、

1000年に1度、定期的にM8程度の大地震が発生しているので、

この地震が2016年に起こる可能性は当然ゼロではないのだ。

 

 

一番気になるのは、

この松原照子さんの予言が
2016年にいつを指しているのか?という点である。

 

これについては、

 

  • 水曜日
  • カレンダーの日付が赤色
  • 紅葉の季節なのに紅葉していない

 

上記の情報を2016年で考えると、、、

 

2016年11月23日水曜日

 

ということになるのだ。

 

東海地方の人は特に気をつけるべきでしょう!

 

 

 

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

 

他にも2016年に気をつけておくべき地震/津波災害予知情報とは?

 

さてそれでは、

南海トラフ地震以外に

松原照子氏が2016年に警鐘を鳴らす地域とタイミングを見ていきましょう!

 

茨城沖:2016年4月~2016年5月要注意

北海道:後島沖・根室沖・十勝沖 タイミング不明

和歌山県:紀伊半島 タイミング不明

 

 

おまけ

 

2016年の情報ではないが、

首都直下型地震は2020年までに起こると予言していたり

富士山の噴火に関しては南海トラフ地震、首都直下型地震、富士山噴火というこの3つが同時にやってくる。

という予言をしている。

 

 

当たらない事を祈ってはいるが、

無視できる情報ではないでしょう。

 

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

 

最強の預金封鎖対策とは?

 

確定拠出年金を初心者でも分かりやすく解説!

 

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

コメントは3件です

  1. shiohata,h より:

    私はあの阪神淡路地震の直前一月十五日の夜、和歌山県南西100km位に大地震を感じ次から次と地震が日本列島を襲い、列島沈没或は本州を2又は3分断するかもとその場所は琵琶湖と駿河湾あたり….翌16日朝、足が地につかず恐ろしくて思わず午後のフライトで海外に脱出、17日早朝に現地7時過ぎラジオから数十人の死亡ニュ-ス、いや5000人以上だと周囲の者に言いました。実際は6千人以上でした。後日3回現地神戸に行き観察しました。その後の福島沖及び熊本地震を特定していませんが….多分、昨今日本に落ち着いて生活をしてないからかも。しかし最近の茨城、千葉の多発の地震は関東大震災の再来と思います。偏に昭和48年頃から太陽の黒点の増加による活動が天変地異を起こしているのでは、その一つが海水温度上昇、今後も続き、日本列島自体が全般に地盤沈下しているのではないでしょうか。あちこち河川の氾濫は単なる始まりではないでしょうか。

  2. Picard より:

    伊豆地方の紅葉が色づき始めました。地震は起きません!

  3. さき より:

    いや。冬ですよ…明日?

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド