預金封鎖 対策 外貨

資本主義社会のお金を科学する

資産 増やす 方法

【最新&最強の預金封鎖対策】外貨はココで守れ!

今回は、預金封鎖 対策 外貨 について書かせていただきます。

 

預金封鎖 対策 外貨

 

 

 

2015年2月にNHKで放送された預金封鎖問題を皮切りに
日本国内でも多くの人が関心を寄せるようになった預金封鎖問題。

 

この預金封鎖に関する噂は
本当のところを言うと今日に始まったわけではないが
預金封鎖に対する対策が叫ばれるようになったのはココ最近が多い。

 

外貨預金がどうとか、海外口座、不動産、、、

ギリシャの金融危機やアルゼンチン、キプロスの問題から
ベタ―な選択肢をアナタにもシェアしたいと思います。

 

 

 

 

預金封鎖対策としての外貨における注意点

 

預金封鎖というものは、
昭和21年=1946年にも日本で実際に起こっており
銀行口座は出金限度額が設けられ、新円への切り替えが行われました。

 

そういう背景もあり、
2015年以降日本で預金封鎖が再び起こるのでは?と噂されているわけです。

 

なにせ、
日本国を1つの家計と考えると
完全に破綻しているくらい借金を抱えていますから。

 

まぁ、
借金の担い手は
大半が日本国民であり国内なので安全ですよ?という人もいますが
対策をしておくことに越したことはありません。

 

多くの人が思いつく対策として
外貨預金があるようです。

 

確かに、
日本円ではなく外貨(ドルやユーロなど)にしておけば
日本円が被害に遭っても相対的に価値が上がるかもしれません。

 

 

ただし!

重要なポイントは相対的な価値だけではありません!

 

手元換金性が1つのポイントです。

仮に日本の銀行で外貨預金をしていたとしても
預金封鎖が発生すればその外貨預金は引き出すことは出来ません。

 

理由は明白で、

預金封鎖というのは
円通貨に対して行われるものではなく

金融機関ごとに行われるからです。

 

 

意味分かりますか?

 

 

日本国政府の管理下にある金融機関は
総じてアウト!!!になるわけです。

 

つまり、
日本のメガバンクで外貨預金をしようと
外貨建てMMFなどで運用していようと
預金封鎖が発生すれば問答無用で封鎖の対象となるでしょう。

 

つまり、
預金封鎖発生時における
有効な対策とはとても言い難いわけです。

 

 

もう少し言うと、

シティーバンクなど

海外企業の日本法人でドルの預金をしていたとしても
それには意味がないでしょう。

 

なぜならば、
結局は日本法人法人なわけで
日本国政府の管理下にあるからです。

 

 

 

 

海外銀行口座開設の業者に騙されるな!

 

上記の流れを考えると、
多くの日本人が次に考えることは
実際に日本国政府のコントロールが及ばない
海外の銀行に口座を開設して預金しておけばよいのでは?

運用しておけばよいのでは?と考えるはずです。

 

確かに、
それは資産を守るという意味では1つ有効な手段と言えます。

 

 

ただし、
ココにも複数の罠が存在するので注意しておきましょう。

 

 

まず1点目は、
海外銀行の口座開設サポートをしている業者です。

 

すべての業者が悪とは言いませんが、
多くの業者は法外なサポート手数料を要求してきます。

 

例えば、
香港やシンガポール、中国などでの
銀行口座開設サポートを依頼すると、、、

 

普通に10万円とかのサポート手数料を取られます。

 

 

そして、
これにプラスして
アナタ自身の渡航費用+宿泊費用+預金というお金が必要になります。

 

例えば、
仮に香港の銀行に預金することによって、
年利5%の普通預金を作れたとしても
この10万円+渡航費用等々の出費をする必要があるでしょうか?

 

 

例えば、
100万円の普通預金を作ったとした場合。

 

年利5%で運用すれば、
1年後に105万円になっています。

(※シンプルに考えるために日本円で考えています)

 

2年後は110.25万円

3年後は115.76万円

5年後は127.62万円

 

年利5%の銀行に
100万円を預けた場合、
複利で計算して5年後に127万円

 

ザッと計算しただけでも
サポート手数料や渡航費用等々を
リカバーするためには約5年預ける必要があるわけです。

 

つまり、
5年掛けてようやく
金銭的なマイナスがなくなる状態になるわけです。

 

時代の移り変わりが早いこの世の中で
5年後は今とは比べ物にならないくらい変化しているでしょう。

 

香港自体も今と同じとは考えにくいです。

 

 

 

そう考えると
5年後にようやく費用がチャラになるような
資産運用が本当に安全と言えるのでしょうか?

 

業者は
表面上のメリットやデメリットしか話をしません。

 

彼らの目的は、

海外で口座開設する人を増やし
手数料をたんまり稼ぐことだからです。

 

 

しっかりと
資産の運用計画を考えながら
必要に応じて海外に口座を開設するようにしましょう。

 

 

やっぱり、
海外の銀行口座はクローズにしよう!と思い
現地に出向くことになった場合、

先ほど計算した費用に+アルファで渡航費用が乗って来ますからね!

 

 

 

 

国内にいながら簡単に海外口座を作れるおすすめの方法!

 

ということで
海外の銀行口座開設を
焦ってすぐにする必要はない!ということを言いたいのですが

 

それでも日本国内だけに
日本円で資産を持っていることは不安です!

 

という人はいますよね?

 

 

僕自身も
確かに今の状況を考えると不安に思う1人です。

 

そんな中、
日本国内にいながら簡単に
海外の銀行口座を開設出来るとしたら驚きませんか?

 

しかも、

開設に掛かる手数料はゼロ!!!

 

 

僕自身も開設しているのですが、
ココにドル建てでお金を預けておくだけで
日本国政府の管理下からは外れ
ドル建てで資産を持つことができます。

 

 

しかも、
口座開設費用やサポート手数料、口座維持手数料などは
一切無料です!

 

そんな美味しい海外口座の存在を
ほとんどの人は知りません。

 

いや、
厳密に言うと一部の情報強者は知っています。

 

 

その銀行口座というのが、、

 

Neteller(ネッテラー)という電子上の銀行口座になります。

 

 

ネッテラーは、
Optimal Payments Limited社という企業が経営しているわけですが
この企業はロンドン証券取引所に上場している優良企業です。

 

日本でご存じの方の多くは
ネット上のオンライカジノなどを行っている人ですね。

 

このネッテラー口座を開設すれば
日本国内の銀行ATMやネットバンクからも入金出来ますし
郵便局で出金することも出来ます。

 

当然、
海外でドルを引き出すことも出来ますので
預金封鎖が起こり日本を飛び出ることになったとしても
ココに預金していれば海外で生活することも出来ますね。

 

 

Neteller(ネッテラー)の口座開設はコチラから

 

 

 

 

 

ということで、
預金封鎖 対策 外貨
について書かせていただきました!

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

 

マイナンバーは布石!【預金封鎖対策】として日本で出来るのはコレしかない!

 

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

 

 

 

 

コメント1件

  1. さと より:

    こんばんは。
    こちらの記事、興味深く拝見しました。ネッテラーであれば預金封鎖対策になるという事ですが、イギリスで預金封鎖が起こった場合は免れないのではと考えるのですが、それはいかがでしょうか?

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

資産 増やす 方法

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

カテゴリー
他の人のブログも見てみよう!


アフィリエイトのアクセストレード

カンファレンスバナー