預金封鎖 クレジットカード

資本主義社会のお金を科学する

資産 増やす 方法

預金封鎖【クレジットカード】利用はどうなる?予測と対策【まとめ

今回は、預金封鎖 クレジットカード について書かせていただきます。

 

預金封鎖 クレジットカード

出典:http://www.igeekden.com/

 

 

 

近頃何かと目にする事の多い【預金封鎖】というキーワード。

NHKのニュースでも取り上げられてことで騒がしくなってきました。

 

皆さんはどうお考えでしょうか?既に何か対策をしている人もいるかと思いますが、
今回は預金封鎖が起こった場合、【クレジットカード】はどうなるのか?について

言及していきたいと思います。

 

預金封鎖が起こるのか起こらないのか?についての言及ではなく、
起こったという状況を前提にします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ということで、
今回は、この3本立てで行くぜ!

 

    • 預金封鎖でクレジットカードは使えなくなるのか?
    • クレジットカードの仕組みとは?
    • 考えられる対策

 

 

 

預金封鎖でクレジットカードは使えなくなるのか?

 

先ほども述べましたが、
ここでは【預金封鎖】という現象が起こるか否か?については言及しません。

 

預金封鎖が起こった。という前提で、
その場合『クレジットカード』は使えるのか否か?について言及していきます。

 

 

結論から言いますと、
預金封鎖が発生した場合、

 

クレジットカードが使えなくなる可能性は極めて高いと考えます。

 

 

 

「預金封鎖を1ヶ月後にやります!」と政府が発表した場合、
1億人の日本国民は大混乱に陥るでしょう。

そして何らかの対策を講じようと行動に出るはずです。

 

つまり、
日本中が大混乱に陥ることは目に見えているわけです。

 

であれば、

極秘案件として内々で極少数の人だけが知っている状況で

計画は進んでいくのではないでしょうか?

 

 

ちょっと話は逸れましたが、

要はクレジットカード会社も事前に準備は出来ないはず。

という前提で話を進めます。

 

 

 

ではまず、

今日!預金封鎖が発表されたとしましょう。

 

1億人の日本人は手持ちの現金と

銀行から引き出す事が許された一部の現金だけで暮らすことになります。

 

ここで、

現金だけでは足りないと【クレジットカード】が登場するわけです。

 

 

おそらく、

預金封鎖が発表された後1~2日の間はクレジットカードも利用出来るものと考えます。

なぜなら各クレジットカード会社の対応に多少の時間がかかるから。

 

 

クレジットカードが使えたとしても、
それで何を買うのか?が問題です。

 

仮に、
ネットショッピングをするのであれば、
既にそのネットショッピング会社が破綻している可能性があります。

 

また、

最寄りのスーパーで買い物をしようとしても、
クレジットカードの取り扱いを中止にするお店が増えるのではないでしょうか?

 

 

 

クレジットカードは預金封鎖後も1~2日使えようとも
クレジットカードを利用出来るお店が無くなる。

 

という事実が起こるのでは?と予測しています。

 

 

 

 

 

クレジットカードの仕組みとは?

 

順番は前後しますが、
改めてクレジットカードの仕組みを見てみましょう。

 

 

預金封鎖 クレジットカード

 

 

上の図を見て下さい。

 

① クレジットカードを利用して私たちがお店から何か商品やサービスを購入します。

② お店はクレジットカード利用における手数料をカード会社に払います。

②' 消費者が購入した商品やサービスの代金を立て替えて【カード会社】が【お店】にお金を払います

③ 【カード会社】が立て替えてくれた代金を消費者が支払います。

 

 

最初に話しましたが、
この預金封鎖は極秘案件として進んでいた場合、
【カード会社】から【お店】への代金立て替えや【お店】から【カード会社】への手数料などが

支払えなくなる可能性は極めて高くなります。

 

すると、
カード会社は消費者に対しカード利用を停止することになるでしょう。

 

同時に、
お店も手数料の支払いが出来ない&代金立替されないのでクレジットカードでの決済が出来なくなるでしょう。
スポンサーリンク
ツタヤ

 

 

考えられる対策

 

預金封鎖でクレジットカードが使えなくなるのか?

クレジットカードの仕組みとは?についてシェアしてきましたが、
いかがでしたでしょうか?

 

クレジットカードが使えなくなるのであれば、
どうしたらいいんだよー。という感じですが、
考えられる対策をシェアしましょう。

 

 

まず、

クレジットカードの仕組みの中で、

【クレジットカード会社】が出てきたと思います。

 

このカード会社の問題は
預金封鎖によって引き出せる現金に制限が設けられ
代金の立て替えが出来なくなってしまった場合に成立しなくなることです。

 

 

ここで1つ考えられる対策があります。

それは、、、

 

『海外発行のクレジットカードを作る』

 

ということです。

 

 

これによって、
カード会社のお店に対する代金立て替え能力はなくならない可能性が高くなります。

 

しかし、

これにも問題があります。

 

それは、
仮にクレジットカードが有効で在り続けても
利用出来るお店が利用を停止していれば持っていないようなもの。

ということです。

 

 

イオンや西友などの日本の大手スーパーも

仮に預金封鎖が発生した場合、クレジットカードや電子マネーの利用を停止するのではないでしょうか?

そうなるとどれだけ利用できるクレジットカードを持っていても使えないわけです。

 

 

 

もう1つ考えられる対策は、
海外に移住してしまう。という手段があります。

 

これも、
モノやサービスの売買という意味では成り立ちますが、
仮に収入を日本からに頼っていた場合、近い将来破綻してしまうことは
目に見えています。

 

 

 

では、

預金封鎖が起ころうとも、
激動の世界を生き抜く事が出来る唯一の資産は何なのでしょうか?

 

 

ここについては、

別記事で近々シェアしたいと思います。

 
スポンサーリンク
ツタヤ

 

 

ということで、
預金封鎖 クレジットカード
について書かせていただきました!

 

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

 

マイナンバーは布石!【預金封鎖対策】として日本で出来るのはコレしかない!

 

地震予言【松原照子氏が2016年のヤバ過ぎる日本列島の未来を予測!】

 

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

資産 増やす 方法

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

カテゴリー
他の人のブログも見てみよう!


アフィリエイトのアクセストレード

カンファレンスバナー