預金封鎖 いつ

資本主義社会のお金を科学する

資産 増やす 方法

預金封鎖がいつ起こるか全く心配する必要を無くす方法

今回は、預金封鎖 いつ について書かせていただきます。

 

預金封鎖 いつ

 

 

 

NHKがテレビで特集を組んだとして日本国民が不安になっている『預金封鎖』問題。

 

約70年前に実際に日本でも実施された政策ということで、
多くの日本人がどうやって対策を打てばいいのだ?「預金封鎖はいつ起こるのだ?」と

預金封鎖の発生を恐れているわけです。

 

安倍政権はアベノミクスと銘打ち

数多くの強気戦略を掲げていますが、

日本の国民は預金封鎖がいつ?やらマイナンバーって危険なの?とどんどん追いやられているわけです。

 

 

今回は、

預金封鎖の対策として、

預金封鎖がいつ起ころうとも恐れ/不安を持つ必要がなくなる方法についてシェアしたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

預金封鎖がいつ発動されるかをなぜ恐れるのか?

 

そもそも日本人はなぜ

『預金封鎖を恐れているのでしょうか?』

『預金封鎖がいつ発動されるのか戦々恐々としているのでしょうか?』

 

端的に言うと、
【自分の金融資産を没収されることを恐れているわけです。】

 

 

 

なぜ金融資産を没収されることに恐れをなすか?と言うと、、、

 

  • お金こそ世の中でもっとも価値のあるものと信じさせられている
  • 没収された翌日からの生活が出来なくなる

 

 

 

要は現金至上主義であり、

こういう人は現金を持っているだけで安心感を覚える人なわけです。

 

正直言うと、

世の中における本物の価値というものを多くの国民に理解してもらうためには、

確かに一回預金封鎖なりで金融資産を没収するという荒業もありかもしれません。

 

 

本質的な話をすれば、

資本主義社会においてお金というのは非常に重要なツールではありますが、

所詮ツールでしかない。ということなのです。

 

つまり、

良質な食事を手に入れるための手段であり、

住環境のよい住宅を手に入れるための手段、

パンツを買う為の交換手段なわけです。

 

 

 

ということは、

本質的価値は無いけども

明日から一文無しになってしまえば、

生活が困る!!!!!!

 

 

ということですよね?

 

 

ここで考えてみてください。

全国民の金融資産を一気に全て没収すると思いますか?

 

 

仮に万が一預金封鎖が発動されたとしても、

全国民の全資産を政府が取り上げることなど考えられないわけです。

 

 

だって、

すべての国民が食事を得ることが出来なくなりますから。

 

これは、

日本国沈没を意味しますよね?

 

こんなことをしても日本国政府にメリットはないわけです。

 

 

 

どうするか?というと、

昭和時代に行ったように預金のおろせる額を制限するわけです。

 

 

例えば、、、

1日に引き出せる預金の金額は1家族10000円までですよー。

 

とかですね。

 

 

 

 

つまり、

最低限度の生活を営むことは出来る。

 

 

 

なので、

預金封鎖で本当に対策しておくべきは、

現在持っている金融資産をどうやって守るか?ではなく、

預金封鎖が起こっても全く問題のない本物の資産に投資をしておく。

ということなのです。

 

これについては、

コチラの記事預金封鎖【本当の対策】は金/不動産ではない!生き抜く方法とは?でシェアしています。

 

 

 

 

要はですね、

明日から一文無しになっても

自分自身の力でゼロから稼ぐ力を養っておくことが重要なわけです。

 

 

 

 

では、

預金封鎖がいつ発動されようとも、

全く慌てることなく生きるためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

 

簡単です。

 

自分自身の力でゼロから稼ぐ力を養っておけば良いわけです。

 

資本主義社会で言うならば【お金の稼ぎ方】が

網羅的にアナタの無意識レベルに詰め込まれていれば万全なわけです。

 

 

網羅的な視野を持つことで、
何か1つの分野で仮に稼げなくなったとしても
全く新しい他の分野で、当たり前かのように結果を出すことが出来るわけです。

 

 

どのような自己投資をしていくべきか?と言いますと、

単に本を読むだけではなく、必ず耳からの学習、つまりオーディオ学習をおすすめします。

 

理由としては、、、

 

  • そもそも忙しいので本を読む暇がない
  • 知識は繰り返し取り入れることで本物の使える力になる
  • 読書は何回も行えない
  • 五感をフルに使うと情報が内在化し易い

 

 

 

ということで、

耳からの学習を始めよう!!!!と思うのですが、

誰のどんな情報を取り入れればよいのかわかりませんよね?

 

 

取り入れる音声を考えるに当たって重要なことは、

実業家として実績を上げている人、もしくは実績を上げている人が参考にしている人。

 

こういう人をモデリングすることをおすすめします。

 

 

 

 

日本を代表する実業家のモデリングケースとしては、

以下の人などがおすすめです。

 

 

 

もしあなたがリー・ミルティアの

「ミリオネアスマートコーチングプログラム」を

100円お試ししてくれるなら、大人気対談

「すぐに他人から好かれる人、嫌われる人」の

音声データと電子書籍(テキスト)

を無料でプレゼントします!

http://directlink.jp/tracking/af/401722/bIOJazMC/

リーは、アメリカの片田舎に生まれ、

才能に恵まれていたわけでもなく、

内向的で、頼れる人脈もなく、

成功をつかめる様な人ではありませんでした。

しかし彼女は、来る日も来る日も、

毎日自分に問いかけ続けました。

富とは何なのか?幸せとは何なのか?

社会や経済に左右されない様になるには?

成功にはどんな意味があるのか?

それから数年が経ち、なんと、彼女は、

超一流企業の従業員を指導する、

全米トップクラスのパフォーマンスコーチ

という立場になっていたのです。

そんな彼女の教えは、小手先のテクニックや、

小細工などを教えるものではありません。

普遍的な、本質的な成功哲学を

教えてくれています。

そして、彼女が成功者と対談した

最先端の情報を毎月手に入れられるのが

「ミリオネア・スマート・コーチング」

です。

彼女のコーチングプログラムの

お試し特典として、初月は大人気コンテンツの

「すぐに他人から好かれる人、嫌われる人」を、

特別価格の100円で提供しています。

彼女のファンの方はもちろん、

興味がある方は、今すぐここから

ゲットしてください!

http://directlink.jp/tracking/af/401722/bIOJazMC/

もちろん、コーチングプログラムの音声も、

気に入らなければ、お試し期間中に

キャンセルすることが可能です。

 

 

あなたのやる気を高め、
さらに周りも巻き込みながら充実した
人生を送ることは可能なのでしょうか?

偏差値93、東大理III合格、1000人以上を指導した
東大家庭教師、吉永賢一氏が開催し、大盛況だった

「やる気セミナー」が

遂に自宅で学べるようになりました。

http://directlink.jp/tracking/af/401722/QxzSERPv/

 

※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます

この講座では、あなたに

「やる気」

について即効性のある方法と、
体系的な知識の両方を詳しく説明します。

なので、やる気に関心がある人にとって
「これまでの人生で、最高の投資だった」と
思ってもらえるくらい素晴らしい内容の
講座になっていると思います。

なぜ、やる気に満ちあふれる人がいる一方、
やる気がない人がいるのか?

その違いは一体どこにあり、
何を行えば中長期的にやる気に満ちあふれた
充実した人生を送ることができるのか?

多くの人の「やる気」を高めてきた
伝説のセミナーが遂に自宅で受講できます。
http://directlink.jp/tracking/af/401722/QxzSERPv/
PS.
もしあなたが先着1,000名に入れば、追加で
「あなたの周りからやる気を引き出すリーダーになる方法CD」
も無料でプレゼントされます。

なのでもしこのプログラムに興味があれば急いで
コチラから今スグ参加されることをオススメします。
http://directlink.jp/tracking/af/401722/QxzSERPv/
※初月は無料(送料・手数料のみ)でお試しできます

 

 

 

 

 

ということで、
預金封鎖 いつ
について書かせていただきました!

 

 

 

 

預金封鎖がいつ起こるのか?不安にかられるだけでなく、

一生廃れない本物のスキル、資産を構築しましょう。

 

 

 

 

 

 

※ 今すぐ読まないと損する記事 ※

 

預金封鎖対策で日本株を買う前に直視すべき事とは?

 

預金封鎖【クレジットカード】利用はどうなる?予測と対策【まとめ】

 

マイナンバー関連銘柄で初心者におすすめの本命はコレ!

 

預金封鎖&マイナンバー対策で実は最も有効!?ビットコインとは何か?バカでも分かりやすく解説!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは4件です

  1. Hiroshi.A.Araki より:

    介護付き有料老人ホームなどに入っている人は、預金封鎖をされると、翌月から住むところも食べることも出来なくなります。あなたは現役を引退した人の事を考えたことがありますか?

    • kento より:

      Hiroshi.A.Araki様
      コメント有難う御座います。

      確かに老人ホームなどは預金封鎖によって経営破綻するところも出てくるかと思います。
      『現役を引退』とおっしゃられているのは雇われの身を定年退職されたということでしょうか?

      100%全ての国民を政府が守るということはあり得ないので、
      自分の身は自分自身で守らなければならないというのが本音でしょう。

      しかしながら、
      現在においては働き方の多様化によって、
      定年退職後に自分自身でビジネスを確立することも可能です。
      現に実現されている方もたくさんいらっしゃいます。

      要は、
      他力本願にならず
      変化に対応出来る力が若者であろうとご老人であろうと必要なのだと思います。

  2. 匿名で失礼します より:

    人は追い詰められた時、起死回生の大博打をしがちです。「どうせ最後は自己破産して没収されるしかないのであれば大勝負に出てみよう」という発想です。それまでのチマチマした勝負ではなく、有り金を全てぶち込むのですから壮絶なものになります。

    これは国家も同じです。実は日本のタイムリミットは既に決められていることをご存知でしょうか。日本では殆ど報道されていませんでしたが、2020年です。日本はOECD加盟国とIMFに対して、2020年のプライマリーバランス単年度黒字化を約束させられています。これを外せば格付けを引き下げてIMFを送り込むよと強引に約束させられています。これは個人で言えば自己破産と同じ状態です。ちなみに消費税のアップはIMFからの半ば命令です。嘘だと思うなら調べてください。ネットで拾えます。(英語の文書です)

    日本が国際社会から命令を受けた半年後、民主党がマイナンバーと消費税を可決し、自民にバトンタッチし、黒田バズーカとアベノミクスが始まりました。残った金を全部ブチ込む、国を挙げての片道切符の大博打です。安部総理が「この道しか無い」と言い切り、世界中が腰を抜かした黒田バズーカが放たれました。

    そもそもリフレ施策と言うのは、まともな経済学では相手にされなかった異端的内容です。変な説明方法ですが、分かりやすさを優先して例えを使用すれば「金持ちの周囲には美人が集まる」のが「通常の順番」なのですが、リフレ派はこれを「金持ち=美人が集まる」という「=」で定義しているのです。だからリフレ派は「美人を集めれば金持ちになれる」と「逆の順番でも同じ状態が実現する」と考えるのです。つまり、もともと成功などするわけがないのです。

    しかし「追い詰められた人間はワラをも掴む」と言うように「追い詰められた日本はリフレ施策を掴んだ」のです。ご存知のようにアベノミクスは大失敗です。「株価が上がった」と言いますが円安の結果「ドルベースに換算すると見事にアベノミクス前と同じ金額」です。つまり「円の価値を下げただけ」であり、博打にブチ込まれた年金資金がボロボロになっただけです。

    こうなると「最後の手段」は「大増税」か「預金封鎖」か「社会保障の削減」でしょう。そのどれを実行するためにも絶対に必要な準備があります。

    それが「マイナンバー(完全監視&預金封鎖)」であり「安保(国民暴動を抑え込むには国軍化と米軍の援助が必須)」であり「TPP(世界標準とは米国標準のことであり社会保障が無いことである)」であり「法人税減税(預金封鎖後に旧財閥系の大企業さえ生き残らせれば官僚と政治家は天下りで逃げ込める)」です。

    貴方様はこのページを貴方様の(何らかの)利益のために作成しておられるのだと思います。これは決して間違いではなく、個人がネットで利益を獲得していくための基本的な戦略的でしょう。こういう資産形成系のサイトは同目的の人々を集めやすく、アフェリエイト収入を得やすい分野のひとつです。正しい情報であればそれはWinWinであり良いことです。

    ただ「今はとんでもない状態」であることも、どうか拡散願えればと思います。この国の政治家と官僚は、最後の自分達の保身まで確保した上で、国民の全財産を元手に大博打を行い、予想通りに失敗し、自分達だけ逃げ込もうとしています。

    2020年というタイムリミットに間に合わせるには、2018年のマイナンバーと銀行口座紐付けがギリギリのタイミングです。国民の暴動を抑え込むには2020年のオリンピックを建前上の理由にした国民総監視体制&盗聴法&秘密保護法が必須です。

    全て、淡々と、スケジュール通りに進んでいると考えるべきです。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

資産 増やす 方法

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

カテゴリー
他の人のブログも見てみよう!


アフィリエイトのアクセストレード

カンファレンスバナー