地震予知 2016 3月 早川 最新

資本主義社会のお金を科学する

資産 増やす 方法

早川氏【最新の地震予知】2016年3月はココの地域が危ない!

地震予知 2016 3月 早川 最新

 

 

 

地震予知の第一人者と言えば、

NTTドコモとの共同研究を発表した東大の村井教授も有名ですが、
電気通信大学の教授で地震解析ラボの代表も務める早川教授も有名ですよね。

 

今回は、

2015年から数多くの地震を的中させている早川氏の
2016年3月最新の地震予知
をシェアします。

 

⇒ 2016年4月の地震予知はコチラから!

 

 

スポンサードリンク

 

早川教授の最新地震予知の前に、、首都直下型地震は確率100%って本当?

 

早川教授の最新地震予知情報をシェアする前に、
2011年3月11日に発生した東日本大震災から丸5年を経過するということで、
今後の大地震発生予測状況を確認しておきたいと思います。

 

話の結論から言うと、
京都大学大学院の藤井聡教授(ふじいさとし)によると
なんと首都直下型地震が発生する確率は100%なんだとか!

 

確かに、
あと100年以内には
首都直下型の地震が発生しそうではありますが

そんなレベルの話ではなく2020年までという極めて短いスパンで100%とおっしゃられているわけです。

 

 

なんでも、

2015年9月16日に発生した
地震の巣と言われている茨城県を震源とする地震。

 

これが、
首都直下型巨大地震の前触れなのでは?と言われている。

 

 

また、

東日本大震災当時、

宮城県は太平洋側に5メートルも移動したらしい。

 

一方、

その茨城県や東京などの関東地方に関しては

50センチ程度しか動いていないという。

 

そして、

この北陸と関東の歪みを元に戻すため

関東地方の地殻は変動するため、巨大地震発生は免れないとされているのだ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
ツタヤ
 

 

早川教授『過去の地震予知』はこんな感じ!

 

それではココで、
早川教授が有名になった2015年の地震予言から
2016年の最新的中地震予測情報をまとめて振返ってみましょう。

 

 

1.2015年5月13日 宮城沖

 

予測:2015年5月5日発表 5月8~19日の間に
岩手県から福島県にかけて内陸で最大M5.0前後、最大震度4程度

 

発生内容:2015年5月13日 宮城沖

マグニチュード6.8、最大震度5

 

 

 

2.2015年5月30日 小笠原諸島

 

予測:2015年5月22日発表 5月24日~6月4日の間に
伊豆諸島から小笠原諸島にかけて海底で最大M5.5前後、最大震度5弱程度

 

発生内容:2015年5月30日 小笠原諸島西方沖

マグニチュード8.1、最大震度5強

 

 

 

3.2016年1月21日 根室半島

 

予測:2016年1月12日発表 1月15~26日の間に
十勝沖から北方にかけて海底でM5.5前後、最大震度4程度

 

発生内容:2016年1月21日 根室半島南東沖

マグニチュード5.1、最大震度3

 

 

 

4.2016年2月2日 岩手県沖

 

予測:2016年1月22日発表 1月26~2月6日の間に
岩手県浦河沖から岩手沖かけて海底でM5.5前後、最大震度4程度

 

発生内容:2016年2月2日 岩手県沖

マグニチュード5.6、最大震度4

 

 

 

5.2016年2月2日 石垣島北西沖

 

予測:2016年1月26日発表 1月27~2月7日の間に
小笠原諸島・沖縄・南方にかけて海底でM5.5前後、最大震度4程度

 

発生内容:2016年2月2日 石垣島北西沖

マグニチュード5.8、最大震度2

 

 

 

6.2016年2月5日 神奈川県東部

 

予測:2016年1月22日発表 1月26~2月6日の間に
茨城沖から相模湾にかけて内陸でM5.0前後、最大震度5弱程度

 

発生内容:2016年2月5日 神奈川県東部

マグニチュード4.6、最大震度4

 

 

 

7.2016年2月15日 鳥島近海

 

予測:2016年2月9日発表 2月10~2月21日の間に
小笠原諸島・沖縄県・南方にかけて海底でM5.5前後、最大震度4程度

 

発生内容:2016年2月15日 鳥島近海

マグニチュード6.0、最大震度2

 

 

 

 

 

早川教授が2016年3月に警告を出している地域はココ!

 

さてそれでは、
ようやく早川教授の3月地震予知最新情報を見ていこう!

 

 

1.小笠原諸島・沖縄県・南方

 

3月8日までに、

海底でM5.5前後、最大震度4程度

 

 

 

2.北海道東部

 

3月9日までに

内陸でM5.0前後、最大震度3程度

 

 

 

3.福島沖から房総沖

 

3月9日までに

内陸でM5.0前後、最大震度4程度

 

 

 

4.新潟沖から岐阜県

 

3月16日までに

海底でM5.5前後、最大震度5弱

 

 

 

 

5.浦河沖から秋田沖

 

3月16日までに

海底でM5.5前後、最大震度5弱

 

 

 

 

早川教授は、

地震発生までの期間を設定されてはいますが、

多少の前後はある。ということですので、

 

期間を多少過ぎたとしても

要注意ですね!

 

 

 

スポンサーリンク
ツタヤ
 

 

 

ということで、
地震予知 2016 3月 早川 最新
について書かせていただきました!

 

 

【あわせて今すぐ読んでおくべき記事】

 

日本のお金持ち&資産家ランキング【2016年最新版】どんな職業なのか?

 

【なぜマイナンバー紐付け?】NHK受信料の義務化!2016年?

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

資産 増やす 方法

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

カテゴリー
他の人のブログも見てみよう!


アフィリエイトのアクセストレード

カンファレンスバナー