地震予知 予言 前兆 まとめ 最新 2016

資本主義社会のお金を科学する

資産 増やす 方法

地震予知・予言・前兆【2016年最新情報まとめ】早川名誉教授は凄かった!

今回は、地震予知 予言 前兆 まとめ 最新 2016 について書かせていただきます。

 

地震予知 予言 前兆 まとめ 最新 2016

 

 

 

なんか2016年に入ってから地震多くないですか?
これって、首都直下型地震の前触れ?前兆?それとも南海トラフ地震の前兆?

 

ということで気になったので、

2016年最新の地震予知・予言・前兆情報について触れていきたいと思います!

 

 

スポンサードリンク

 

2016年地震予知情報が当たりまくりなのはやっぱりこの方!

 

2016年は、
関東地方での地震前兆かと思われた地響きに始まり、
ベッキースマップ予言からの関西地方での地震予知2ちゃんねる情報だったり
北海道地方での地震発生だったりと、1月から地震に関する情報が頻発しているのですが、、、

 

実は、
この2016年1月からの地震を事前に予測し的中させてた人がいたんです!!!!

 

それは、、、

 

地震予知に興味がある人であれば
一度は名前を聞いたことがあるとは思いますが、、、

 

『電気通信大学の名誉教授 早川正士』氏なんです!!!

 

どうです?

お名前ご存じですか?お聞きした事ありますよね?

 

 

2016年1月14日に、
北海道・浦河沖の地下でマグニチュード6.7の地震が発生したわけですが
なんと早川教授は2016年1月5日時点で地震予測・予知を情報発信していたんです!

 

 

早川氏の事前予測情報

 

2016年1月6日水曜日~2016年1月17日日曜日の間で、
北海道の浦河沖から岩手沖にて内陸マグニチュード5.0、海底マグニチュード5.5

最大震度4前後

 

 

 

実際の地震は、、、

 

北海道の浦河沖(襟裳岬の西)で

マグニチュード6.7程度の地震が2016年1月14日木曜日に地震が発生!

 

北海道の函館市、新冠町(にいかっぷちょう)などで最大震度5弱を記録し、

他にも青森県東通村などで最大震度5弱を記録したのだ!

 

 

期間もエリアもどんピシャと言う感じです!

 

 

>>> マイナンバーは布石!【預金封鎖対策】日本で出来るのはコレだけ!
>>> 確定拠出年金が大きく変わります!『アナタは準備できていますか?』

 

 

 

実は1月にもういっちょ、、、的中!

 

2016年1月12日に地震解析ラボ経由で発信した

2016年1月15日~1月26日の間で、

十勝沖から北方の間で内陸マグニチュード5.0前後

海底でマグニチュード5.5前後

最大震度4前後の地震予測を発表。

 

 

蓋を開けてみれば、
2016年1月21日の朝方、

北海道は根室半島でマグニチュード5.1の地震が発生。

北海道の根室市や別海町、標津町(しべつちょう)で最大震度3の地震が発生したのだ!

 

 

 

早川教授の地震予知情報は、
2016年もハンパないですね!

 

これは無視できないレベル。。。

 

 

 

 

スポンサーリンク
ツタヤ
 

 

早川教授の2016年1月最終地震予知情報は?

 

ということで、

2016年も地震予知・予言の情報源として

無視することは出来ないキーマンである早川教授!

 

2016年1月は

引き続き警戒すべき地域があるとして警笛を鳴らしてくれています!

 

それが、、、

沖縄でも九州地方でも関西地方でもなく、、、

いや関西地方は若干入っているかなぁ。。。

 

 

2016年1月26日までの間で

北海道の十勝沖から北方にかけて

内陸部でマグニチュード5.0前後

海底部でマグニチュード5.5前後

最大震度4前後

 

 

そしてもう1つが、、、

関西地方?の和歌山県から鳥取にかけての地域で

こちらも2016年1月26日までの間に、、、

 

内陸・海底ともにマグニチュード5.0前後

最大震度4前後

 

 

沖縄や宮古島での地震は無かったんですけど、

北海道周辺や関西地方、中国四国地方は要警戒ですね!

 

 

 

北海道と東京の大地震前兆?

 

昔からの地震予知定説に、

震源地が深い地震が発生すると

同様の場所のプレートの浅いところで大地震が発生していた。
という過去があるのだ。

 

 

興味深いことに、

2016年1月に発生した北海道地震も、

実は2016年1月14日の2日前に当たる2016年1月12日に、

震源の深さ260キロメートルというやや深の地震が起こっていたのだ。

 

気象庁は会見でこのことについて触れていなかったということなのですが、

海底の深いところで地震が発生した後に、プレートの浅い所で地震が発生することが多々あったのだ。

 

これは前兆現象だ!ということなのですが、、、

 

 

では、

この前兆現象とも言うべき地震から

どれくらい経過したら大地震が発生するのか?というところですが、

実際のところはまだ解明されていないようで数日以内もありえるし

十数年ということもあるようだ。

 

 

いずれにしましても、

北海道の十勝沖周辺は要警戒地域ですし、

 

 

別の切口で行くと、

2014年5月5日には

伊豆大島周辺で深海160キロのところで地震が発生、

東京では震度5弱を記録し、首都直下型地震に脅えた。

 

また、

2015年5月30日には、

小笠原諸島周辺でマグニチュード8.1を

深さ680キロメートルの場所で観測。

 

 

もしかすると、

北海道も東京などを中心とした関東地方も、

巨大地震が発生する前兆現象なのかもしれない。。。。

 

 

 

スポンサーリンク
ツタヤ
 

 

 

ということで、
地震予知 予言 前兆 まとめ 最新 2016
について書かせていただきました!

 

 

【あわせて今すぐ読んでおくべき記事】

マイナンバーカードと住基カード【紛失した時の対処法】&有効期限などまとめ

 

【なぜマイナンバー紐付け?】NHK受信料の義務化!2016年?

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

資産 増やす 方法

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

カテゴリー
他の人のブログも見てみよう!


アフィリエイトのアクセストレード

カンファレンスバナー