キプロス 預金封鎖 株価

資本主義社会のお金を科学する

資産 増やす 方法

キプロスの預金封鎖から株価の動きを予測!今ヤバい国は?

今回は、キプロス 預金封鎖 株価 について書かせていただきます。

 

キプロス 預金封鎖 株価

 

 

 

日本国内でも噂される『預金封鎖』の噂。

情報に敏感な人は2013年にトルコの南に位置するキプロスで

預金封鎖が実際に行われたことをご存じかもしれないが、

日本のメディアの多くはほとんど大きく報道していない。

 

これにはもちろん深い理由があるわけですが、

キプロスの預金封鎖が起こった時、一般市民はどのような打撃を受けたのか?

株価はどうなったのか?日本に預金封鎖が起こった時の参考事例は?

 

実は現在一番預金封鎖の可能性が高い国とは?

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

キプロスの預金封鎖後株価はどうなった?

 

2013年3月に突如発生したキプロスの預金封鎖。

日本ではそれほど大々的には取り上げられていないので

知らない人もたくさんいるかもしれないが

 

実際にキプロスという国で預金封鎖が発生しました。

 

 

具体的には、、、

 

2013年3月16日

キプロス政府が突如キプロス国内の全銀行から

預金の引き出しを制限する預金封鎖を開始しました。

 

銀行が営業を開始する2013年3月19日までに

議会で預金に対し一定の課税を行える預金税を可決してしまったのです。

 

 

預金税の詳細としては、

10万ユーロを超える預金額に対しては9.9%の課税。

小額預金者には6.6%の課税を行ったわけです。

 

 

当然キプロス国内でも前々から噂はあった訳ですが、

キプロス政府としては1ユーロでも多くの税収を得るために、

突如銀行を取引停止にしたわけです。

 

 

あまり知られていませんが、

キプロスにも株式市場は存在します。

 

けっして多くの人口を抱えていないキプロス経済は

一国の経済規模を考えてもそれほど日本に直接的な影響は与えません。

 

とは言え、

実際に預金封鎖が起こったキプロスの株価がどうなったのか?については、

非常に興味深い状況です。

 

 

キプロス 預金封鎖 株価1

引用:http://www.tradingeconomics.com/cyprus/stock-market

 

 

 

 

2013年3月

実際にキプロスの預金封鎖が起こったタイミングから

2015年現在確かにマクロ的なトレンドは右肩下がりですが、

それが預金封鎖による影響なのか微妙なところです。

 

特に、

2013年3月に突如下降トレンドを描いたわけではなく、

実は2007年ごろからずっと右肩下がりのトレンドなのです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

日本でも株価は同じ動きをする?

 

では、

日本でも2015年2月のNHK預金封鎖特集後、

非常に不安しされている日本国内での預金封鎖。

 

仮に本当に発生した場合、

日経平均株価しいては日本の株価にどのような影響が出るのでしょうか?

 

キプロスと同じように、

右肩下がりに株価が落ちていくのでしょうか?

 

 

 

結論から言いますと、、、

 

仮に日本で預金封鎖が起こったとしても、

それによって日本の株式市場が同じように

右肩下がりのトレンドを描く!とは結論付けられません。

 

 

 

しかしながら、

預金封鎖が起こった時に、

実害を受けるのは銀行預金であり

株式に関しては無害という見方もあります。

 

 

一方で、

預金封鎖で預貯金にある一定の課税がなされるとともに、

不動産や株式にも一定の課税が行われるという見方もあります。

 

 

 

預金封鎖がいつ起こるか全く心配する必要を無くす方法 ※

 

日本の金持ちランキング2015年!気になる資産家の職業は? ※

 

 

 

 

 

今最も預金封鎖が発生しそうな国!

 

日本でもここに来て少しずつ報道されていますが、

今預金封鎖で一番ホットな国は実は日本ではありません。

 

 

世界は広いのです。

 

既に国内で噂が広まり、

多くの国民が預金を引き出しているため、

国中の銀行が混乱している国があります。

 

 

 

 

それは、、、

 

 

『ギリシャ』

 

 

ギリシャが財政不安であったことは、

ご存じの方はご存じだと思いますが、

ここにきてかなりヤバい状況のようです。

 

ギリシャのデフォルトで日本の株価に起こる未来予測!

 

 

 

ヨーロッパ圏の一国であるギリシャと

債権者の立場にあるEU(ヨーロッパ連合)の間で、

交渉が妥結されなかったため、

 

ギリシャ国内では

いつ預金封鎖が起こるとも分からない!ということで、

多くの国民が銀行から現金を引き出し『タンス預金』を実施しているようです。

 

 

ロイター通信の報道によると、

2015年6月15日から6月17日にかけて

ギリシャ国内の預金総額の1.5%が引き出されたと言います。

 

 

で、

預金封鎖を恐れたギリシャ国民たちが引き出した現金をどこに動かしたか?

ということですが、、、

 

 

多くの家庭で、

当面の生活費は家庭や職場にタンス預金のようです。

 

 

 

しかしながら、

タンス預金以外に注目を集めている防衛策があったのです!

 

 

 

 

それが、、、

今世界的に注目を集めつつある、、、

 

 

『ビットコイン』!!!

 

 

 

ということで、

日本でも預金封鎖の噂がありますから、

ビットコインという仮想通貨を勉強するとともに、

自己防衛策を考えておいた方がよいかもしれません。

 

 

 

ビットコインとは何か?誰でも分かるように詳しく解説しました! ※

 

おすすめビットコインの購入先一覧&日本円/日本語対応&手数料一覧 ※

 

ビットコインを無料でゲットする裏ワザ! ※

 

 

 

ビットコインは、

数多くの著名人も未来を担うと宣言していますので、

勉強しておくことに越したことはありませんね!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
キプロス 預金封鎖 株価
について書かせていただきました!

 

 

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

 

マイナンバーは布石!【預金封鎖対策】として日本で出来るのはコレしかない!

 

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

資産 増やす 方法

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド

カテゴリー
他の人のブログも見てみよう!


アフィリエイトのアクセストレード

カンファレンスバナー