地震 マイホーム購入 リスク

資本主義社会のお金を科学する

地震大国のマイホーム購入リスクと担当者が教えてくれない話

今回は、地震 マイホーム購入 リスク について書かせていただきます。

 

地震 マイホーム購入 リスク

 

 

 

地震大国ニッポンにおいては、

マイホームの購入についても様々な議論がなされている。

 

資産だ!という人もいれば負債だ!という人もいるわけだが、

やはり地震発生時は何らかのリスクを伴っていることは間違いない。

 

マイホーム購入におけるリスクとマイホーム所持者のメリット、

そして多くの人が考えていない長期的な自宅保有による相続/資産分与などの観点から

独自の切り口でマイホーム購入を見ていこう!

 

 

 

一気に億万長者への波に乗り遅れるな!まだ間に合う!
ビットフライヤー ビットコイン

>> ビットコインを1円単位で購入できるのはココの取引所!

 

 

 

マイホーム購入した人はこう言う

 

まず最初に前提として言っておきたいことは、

マイホームを購入することが絶対的に正解だ!とか不正解だ!ということはない。

 

このマイホーム購入は多くの人にとって

一生で一番大きな買い物になるだろうからそれ相応の思慮をもって判断しましょう。

ということです。

 

 

まず、

マイホームを購入した人に限らず

人というのは『自分の行動を肯定したがります。』

 

つまり、

仮に心のどこかで間違っていた。。と思っても、

自分自身を否定出来ないし、他人に否定されたくありません。

 

 

 

何が言いたいか?分かったと思いますが、

マイホームを購入した人の多くは、

「マイホーム購入した方がいいよ!」と言うわけです。

 

 

 

理由を聞いてみると、

『賃貸住宅の地震対策は信用出来ない!』

『マイホームであれば自分で耐震構造を決めることが出来る』

 

確かに上記の理由は間違っていません。

 

賃貸住宅の場合、

自分の住んでいる自宅がどのような免震構造になっているか?など

耐震性に関してはほとんど理解する術がありません。

 

一方で、

マイホームであれば

1から設計士さんと話をしながら進められるので

その点では安心なわけです。

 

 

 

じゃーマイホーム購入が一番か?というと、

そうでもないのです。

 

マイホームを持つ事のリスクとは? ⇒ 下に続く

 

 

 

 

一気に億万長者への波に乗り遅れるな!まだ間に合う!
ビットフライヤー ビットコイン

>> ビットコインを1円単位で購入できるのはココの取引所!

 

 

地震で被害を受けたマイホームのリスクとは?

 

マイホームを購入するとなると、、、

 

  • 活断層のある地域を避ける。
  • 液状化しやすい地域は避ける。
  • 地盤調査をしっかりやる。

 

などなど、

事前にそれなりに調査をしっかりしておく必要があります。

 

 

 

確かに、

建物の耐震性を上げる工法や構造を取り入れていれば、

それなりに地震に耐えることが出来るかもしれませんが

何よりも、、、、

 

多額のお金が必要になります!

 

 

 

 

誰でもお金が余るほどあれば、

マイホームを一級品の土地に建て、

最新最高の耐震構造を取り入れるでしょう。

 

 

しかし現実問題、

すべての人が最高の条件でマイホームを購入することは難しいのです。

 

 

お金がないので。。。

 

 

 

 

お金がないにも関わらず、

マイホームを購入し震災に見舞われるとどうなるか。。。

 

 

地震保険に入っていれば安心!という人もいるでしょう。

 

しかし、

地震保険の保険料は年々値上がりしています。

 

そして今後も値上がりしていくことが想定されます。

 

 

 

そして何よりも、
仮に自宅が崩れてしまって修繕が必要となっても、

修繕費は自己負担ですし、これを地震保険で全額保証はされないのです。

 

 

 

これによって起こる最悪のリスクは、

マイホームのマイホームローンとは別に、

修繕費用を支払うためのローンが重なる。

 

 

つまり、

地震の災害によって二重のローンを背負うリスクが発生してしまうわけです。

 

 

 

物事や人間が作り上げたものに

『100%』や『絶対!』はあり得ません。

 

 

どれだけ最新!最高の耐震構造を取り入れても、

自然災害の前には意味の無い可能性も否定できません。

 

 

もしくは、

全壊は免れたとしても、

一部崩壊したり床上浸水などが起こると、

多少なりとも修繕に費用が必要になるわけです。

 

 

目の前の生活費捻出に奔走している中で、

住宅ローンや修繕の為のローンを支払わなければならないとなると、

火の車です。

 

 

 

マイホームよりも何よりも、

まずもって一番重要で尊いものは『人命』です。

 

 

しかし、

災害で大きな被害を免れ生き残ることが出来たとしても

多額の債務を負担することになってしまうと大きなリスクになりかねないわけです。

 

 

 

 

現金に余裕のある人はマイホームを喜んで購入すればいいと思いますが、

小さな子供がいたり、これから家族を作っていくような人の場合は、

マイホーム購入前に多角的にリスクを把握し検討する必要があります。

 

 

借金の返済が出来ない!という事態は避けなければなりません。

 

 

 

地震発生時に役立つ【お金】の意外と知られていない備え方 ※

 

 

 

 

 

 

長期スパンで考えると見方が変わる!

 

日本という国でマイホームを購入するということのリスクは、

単に地震大国ジャパン!という側面だけではない問題があります。

 

 

どのようなリスクでしょうか?

自分の家庭だけではなく長期スパンで考えてみましょう。

 

 

 

仮にアナタが一人っ子もしくは長男と仮定し、

実家がマイホームを所持しているとします。

 

 

すると、

アナタの親が亡くなられた後、

その実家を相続することになるのはおそらくアナタでしょう。

 

 

 

この状況を想像してください。

 

自分たち家族で買ったマイホーム。

そこに追加で相続した親のマイホーム(=実家)

 

 

なんと、

2件ものマイホームを所持することになるのです。

 

 

 

もう1つ言うと、

仮にアナタの結婚相手も一人っ子だった場合、

そちらにも実家があればその自宅も相続することになるでしょう。

 

 

すると、

たちまちマイホームを3件も抱えることになるのです。

 

 

 

たしかに売りさばけば良いかもしれませんが、

長期トレンドでは人口が減少していくことが目に見えていて、

住宅の空室率も年々上昇している日本において

土地や建物の価値が上昇することは将来的には考えにくいことは誰の目にも明らかです。

 

 

そうなると、

売ろうと思っていた実家もほとんど価値のない物件かもしれません。

 

 

 

ということで、

長男もしくは一人っ子の人は、

地震リスクとともにマイホームという資産を相続する可能性を考えながら、

自分たち家族のマイホームについて考えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

一気に億万長者への波に乗り遅れるな!まだ間に合う!
ビットフライヤー ビットコイン

>> ビットコインを1円単位で購入できるのはココの取引所!

 

 

 

 

 

地震が起こって仕事が無くなっても収入を得られる仕組みを作る!

 

 

ということで、

地震 マイホーム購入 リスク
について書かせていただきました!

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド