ビットコインの次 仮想通貨の次

資本主義社会のお金を科学する

ビットコインの次に来るものはコレ!(2018年の仮想通貨投資)

イーサリアムとは 購入方法 取引所

 

私がこのサイトで仮想通貨に触れ始めたのは2015年5月頃でした。

 

それから3年ほどが経過し、
仮想通貨市場はどうなったでしょうか?

 

2017年12月頃の年末から仮想通貨市場全体が高騰し
ビットコインをはじめ各通貨が過去最高値を更新いたしました。

 

はたして、
ビットコインの次に来るものは何なのか?2018年投資すべき仮想通貨を紹介したいと思います。

 

これまた、
2〜3年後の価格が楽しみですね。

 

 

>> 仮想通貨FXで追証なしの神口座はココ!!

 

 

 

このブログでビットコインなど仮想通貨の話をし始めた時は・・・

 

 

冒頭でも書きましたが、

このブログでは2015年5月頃からビットコインを中心とした仮想通貨の話をはじめました。

 

 

今では信じられないかもしれませんが、
当時のビットコイン価格レートは1BTC(ビットコイン)=20000円〜30000円です。

 

今では、
2〜3万円程度のお金では買えて0.03BTC程度でしょう。

 

1BTC=100万円〜200万円の間で推移している現状は、
少なく見積もっても、ここ2年ほどで30倍以上になっているわけです。

 

 

 

今では信じられないような価格だったのです。

これはたったの2年前の話。

 

これから2年でどうなると思いますか?

 

『絶対』というのは無いので誰にもわかりませんが、
今からでも、ある程度期待値の高い投資はできると考えています。

 

ただし、
ビットコインを1BTC=2〜3万円のレベルで仕込めている人とは安心感が違いますが・・・

 

 

 

2015年5月当時、
ビットコインをはじめとする仮想通貨について触れると
そんなものはチューリップと同じで一瞬で無くなる!と批判する人がたくさんいました。

 

それがどうでしょうか?

 

蓋を開けてみれば、
どれも100倍以上の価格レベルになっています。

 

つまり、
需給で言うところの需要が供給を上回っているような状態なわけです。

 

 

>> メインバンクとしてオススメできるネット銀行はココだけ。。。

 

 

 

2018年の仮想通貨投資で見極めておくべきポイント

 

 

今も昔も、
常に批判する人はいます。

 

短期的に価格が大きく下落した時だけにフォーカスし、
「それみろ!やっぱり仮想通貨はダメじゃないか!」と言われる人がいますが
それは、仮想通貨を単に通貨の代替物としか見ていないのかもしれません。

 

旧来、
仮想通貨はデジタル通貨としての役割とともに、
ブロックチェーン技術というネット上における非常に重要な技術であるわけです。

 

これは、
時代の流れであり
未来ほぼ間違いないと想定できるのは
このブロックチェーン技術の発展は間違いない。ということです。

 

100%確実ですか?と言われれば、
そうです。と言い切ることはできませんが
時代の流れを考えると、ブロックチェーン技術の重要性は一目瞭然です。

 

このブロックチェーン技術が
金融市場のみならず、各市場に本格波及した時、
その時こそが、仮想通貨市場のバブルと言えるのかもしれません。

 

そういう意味では、
少なく見積もっても後3〜5年は、
この激しい価格変動(高騰したり暴落したり)を繰り返しながら、
長期的な目線で見ると右肩上がりの上昇を続けていくと考えています。

 

ただし、
重要な点は次です。

 

すべての仮想通貨がそうであるとは思えない。という点です。

 

 

 

2018年現在、
仮想通貨市場には
間違いなく投機マネーが大きく投げ込まれています。

 

これら投機マネーは、
どこかで利益確定もしくは市場から撤退する/させられる。

 

 

そして、
そのような不健全な資金が抜けた時
需要が高まるのは、実用価値がある仮想通貨になります。

 

つまり実需がある仮想通貨。

 

 

 

どのような分野で実需があるのか?というのは、
各仮想通貨によって変わってきますが、2018年・2019年以降も生き残る仮想通貨のキーワードは、
間違いなく人間社会における実需です。

 

実需なき仮想通貨は

単なる投機対象であり淘汰される運命にあると考えています。

 

 

無くなっても構わないギャンブルと捉えての草コインであれば投資?投機?しても構わないと思いますが、
長期的に資産価値を高める仮想通貨としての草コインを発掘する作業は相当難易度が高いと考えています。

 

 

 

>> 最新の地震予知情報発信者をまとめてみました!

 

 

 

2018年以降、ビットコインの次に来るものを予測しておこう!

 

 

ともすれば、
これからも価格が高まる仮想通貨は、
ある程度予測できると考えています。

 

それは、
リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)が本命と考えています。(2018年5月現在)

 

 

>> 仮想通貨の次に来る投資対象とは?投資優位性がある!!

 

 

話を戻して、
2015年5月当時、

 

  • イーサリアムは1ETH=100円前後をウロウロ
  • リップルは1XRP=1円前後をウロウロ

 

という状態でした。

 

 

それがどうでしょうか?

2018年5月現在、多少の上下変動はあるにしろ

 

  • 1ETH=10万円〜20万円の範囲。
  • 1XRP=100円前後の範囲。

 

つまり、
イーサリアムは1000倍

リップルは100倍ほど。

 

 

暴落!!!とTwitterなどで世間が騒いでいるときも、
上記のレートで買いを入れている人間からすると、まったく慌てるレベルではないことがわかります。

 

 

仮想通貨としての実需や
現状の価格レートを考慮し、
3年後〜5年後に市場に愛されているのは大本命は
リップル(XRP)ではないか?と予測しています。

 

 

ビットコインの次にくるのは?リップルか?イーサリアムか?それとも全く別のコインか?

 

いずれにしても、
3年後くらいにまた答え合わせをするのが楽しみですね。

 

 

リップルやイーサリアムを購入できる日本の仮想通貨取引所は以下のコインチェックがあります。

 

安心の補償制度もありますので、
まずは今すぐ新規アカウント登録をしてしまいましょう!

 

たとえ少額であったとしても
投資しておくことで、3年後蓋を開けてみたら嬉しいことになっている可能性がありますよ!

 

 

 

アナタ自身のリスクはゼロですから、
自己資金で仮想通貨を手に入れるのはちょっと気が引けるけど
タダなら貰いたい!!という方にはピッタリです。

 

ノーリスクで仮想通貨を手に入れましょう!

人数が限定されていますのでお早めにどうぞ。

 

 

>> 貯蓄ゼロでも仮想通貨投資を始める方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

世界のお金持ちランキング

FX初心者のススメ

アメリカ株投資のすすめ

投資信託 インデックスファンド